キャンプ入門 テント編

キャンプにおいて一番重要となる[テント選び]についてじっくり解説!人数やどういったシーンで使うかによって最適なテントは多種多様。これを読めばもう悩まない!?各テントの種類からその特徴とおすすめ商品をご紹介!是非ご自身にあったテントをお選びください。

緑の多い自然の中、テントのある風景

テントの形について
【ドームテント】

登山からキャンプまで様々なシーンで活躍する万能テント!

ドームテント

ドーム型テントは、王道とも言える定番のテント。柱となるポールを反らせることでテントを広げ、室内の空間を作り出していきます。丸めのフォルムはどの方向から風が来ても安定して受け流す事ができ、途中で風向きが変わっても安心。キャンプ初心者から上級者まで愛用者の多い定番テントです。また他のギア(タープやシェルター)等との相性も抜群のドームテントは様々なキャンプスタイルにも対応してくれます。

【ドームテントの構造】

ドームテントの構造を簡単に説明すると、次の2つの方式があります。

ポールをテント本体のスリーブに通す[スリーブ方式]

スリーブ方式

長所はポールにかかる力が均等なため、ポールへの負担が少なく、折れにくい。吊り下げ方式に比べると設営時間が多少かかります。

ポールをテントのフックにかける[吊り下げ方式(フック式)]

吊り下げ方式

長所はとにかく設営の楽さ。インナーテントとポールの間に隙間が確保されているので雨が入りにくい。逆にポールにかかる負担が数ヶ所に集中するため、ポールが曲がりやすい。

スリーブ方式と吊り下げ方式の利点を両方取り入れたもの

スリーブ方式と吊り下げ方式の利点を両方取り入れたもの

吊り下げ方式サンプル

吊り下げ方式のドームテント

ポールの数は2本から多いものでは6本程度、もちろんポールの数が少ないほうが楽に設営できます。また、ペグやロープなどを使わずとも自立が可能な点もドームテントの特長です。※自立はできますが、強風などで飛ばされないよう必ずペグやロープは使用しましょう!

ドーム型テントのおすすめ!

ドーム型テントのおすすめ

スノーピーク アメニティドーム L

おすすめの理由!
キャンパー憧れの高品質ブランド、スノーピーク(snow peak)のアメニティドームは初心者の方も安心して使用できるようにさまざまな工夫がされており設営もとても簡単。初心者の方におすすめできるテントとしてはもちろん、中級~上級者など経験者の方にも好んで選ばれ続けているキャンパー愛用率がもっとも高いテントと言っても過言ではありません。アメニティドームはドーム型テントの決定版と言えます。(定員目安・Mサイズ:大人3名もしくは大人2名子供2名・Lサイズ:大人5名もしくは大人4名子供2名)

【ツールームテント】

ファミリーキャンパーにおすすめ!

ドームテント

寝室とリビングスペースが一体になった2ルームテント。テントとタープの両方を持っていくことに比べて荷物を減らせるほか、設営と撤収の手間も減り効率も非常にGood!大型の2ルームテントの場合なら高さが2mになる物もあり、ファミリーキャンプでも十分な居住空間が確保できます。また、リビングスペースがあるので急な天候不良の際には一時的な雨しのぎとして使用できるのでとても安心。夏や暑い時期はリビング部分をメッシュ(スクリーン)にすれば防虫をしながら通気も確保できます。逆に冬や気温が低い時期ではフルクローズにすればある程度の冷気を遮断できますし、隙間風を遮断するスカート付きタイプはオールシーズン対応しているといえます。ドーム型テントで前室を確保するためにはタープと連結する必要がありますが、タープはプライバシーの確保や夜間の防犯面に弱い特徴があります。その点ツールームテントならタープの役割をする部分もフルクローズできるため、プライバシーの確保や就寝後の夜間のセキュリティー面も安心いただける設計です。

ツールームテントのおすすめ!

ツールーム型テントのおすすめ

コールマン 【限定カラー】トンネル2ルームハウス スタートパッケージ

おすすめの理由!
コールマン×ナチュラム別注のオリジナルカラーのトンネルドーム。落ち着いたカーキとオリーブカラーで、どんなキャンプサイトにもマッチします。ポール4本をスリーブに通すだけの簡単設営で、初心者の方にもオススメ。スクリーンはフルオープンの他にフルメッシュ仕様も可能で使い勝手も抜群。季節や場所を問わず活躍すること間違いなしです。

【ワンポールテント】

サイトのトータルコーディネイトにこだわる方におすすめ!

ワンポールテント

ワンポールテント(モノポールテント)はアメリカの先住民族のティピーテントをヒントに作られたテントでそのとんがりフォルムは独特の存在感があり、見てるだけで楽しい気分にさせてくれます。キャンプ場、フェス会場などで一目置かれること間違い無し!ここ数年でカラーやデザインが各ブランドから豊富に展開されています。ドームテント、ツールームテントと比べ、必要なポールがわずか1本と数が少ないので、設営が非常に簡単なことも人気の秘密です。大きさにもよりますが慣れれば1人でも10~15分ほどで設営完了できちゃいます!

ワンポールテントのおすすめ!

ツールーム型テントのおすすめ

ロゴス 2ルームTepee500 スタートパッケージ2【別注モデル】

おすすめの理由!
基本のワンポールテントとしての利用はもちろん、キャノピーを立てるとツールームテントのようなスタイルに様変わり!火の粉が付いても、燃え広がりにくい表地を採用したりインナーポケットや入口が2つに分かれていたりとこだわりの機能満載のナチュラム別注の万能なワンポールテントに仕上がっています。ベージュ×ブラウンのナチュラル色は飽きずに長くご愛用いただけ、グランドシートやインナーマットもセットになっているので大変お得です!

【ロッジテント】

雰囲気も居住性も妥協できない!そんなこだわりキャンパーにおすすめ!

ロッジテント

ロッジテントはそのクラシカルなフォルムで他のテントを圧倒する存在感を放ちます。別名「鉄骨」とも呼ばれており、その名の通りポールというよりは家を建てるときと同様‘鉄骨を組み立てる’という表現の方が相応しいほど立派なポールで設営します。そのため、重量は重くなってしまいます。しかしその分、テントで居住することの安定感・安心感は別格です。室内空間に無駄もなく、男性が真っ直ぐ立っても窮屈感はまったくありません。屈強なフレームのおかげで耐久性は抜群なので連泊キャンプに特におすすめです。キャンパーが憧れるこれぞ「究極」とも言えるテントです。

ロッジテントのおすすめその1!

ロッジテントのおすすめ

オガワ ロッジシェルターT/C

おすすめの理由!
ロッジテントの“代表モデル”とも言えるogawaのロッジシェルターは100年の歴史をもつ最高級テントブランドogawaの象徴とも言えるテントです。「いつかは手にしたい究極の一張」と思うキャンパーは多いはず。このロッジシェルターは生地にもこだわり、TC(ポリコットン)素材を使用しているので夏は涼しく、冬は熱を逃がさずオールシーズン快適に過ごしていただけ年中キャンプを楽しみたい、とことんキャンプサイトを家に近付けたい…そんなあなたにぴったりの極のテントです。

ロッジテントのおすすめその2!

ロッジテントのおすすめ

カーカムス ハイライン6 スプリングバーテント

おすすめの理由!
おしゃれキャンパーを筆頭に注目度しているのがカーカムスのテント。生産がまったく追いついておらず、日本ではなかなか手に入れる事ができなかったのですが、近年、生産工場の変更により日本にも入荷されはじめました。初めてのテントがカーカムス!そんな高い意識からテントを選ぶというのもアリではないでしょうか?スプリングバー構造で設営もとても簡単なので初心者の方でも問題なくご愛用いただけるはずです。

【ソロテント】

ソロキャンプはもちろんグループキャンプにもおすすめ!

ソロテント

ソロテントはその名の通り「一人(ソロ)」向けで、一人用のテントを指します。ソロテントは用途に応じて大きく個体差が出るのが特徴です。一人用でも大きな室内空間を求める方、とことん軽さ・コンパクトになる収納力を求める方などそれぞれに適したテントが発売されています。ぼっちキャンプ(ソロキャンプ)をされる方にはもちろん、各自でテントをはじめギアを持ち寄ってするグループキャンプで「寝る時はひとりでゆっくり寝たい!」そんな時にも活躍します。

ソロテントのおすすめその1!

ソロテントのおすすめ

バンドック ソロドーム 1

おすすめの理由!
コスパ◎のソロドームは軽量・コンパクトなのはもちろん、耐水圧3,000mm、ジュラルミンポールが付属と、同価格帯では断トツの高スペックを誇ります。室内天井にはランタン用フックと小物を置けるギアハンモックも付き納得の仕様です。グループキャンプやフェスでも大活躍すること間違いなし。あなただけのプライベート空間をしっかりと作り出してくれます。

ソロテントのおすすめその2!

ソロテントのおすすめ

MSR エリクサー1

おすすめの理由!
高品質な山岳用テントを生み出し続け、世界中で支持されているMSRがエントリーの方の為に生み出したエリクサーシリーズ。一人用でこの価格は初心者の方にとっては少々高いと感じるかもしれませんが、ポールや生地、付属品など細かなスペックを知ると納得していただけること間違いなしです。本格的に山岳用での使用は少し厳しいスペックなのでこちらで紹介します!

【ツーリングテント】

ツーリングキャンプされる方におすすめ!

ツーリングテント

ツーリングテントはバイクにセッティングして持ち運べるようにコンパクトに収納できるテントが多く、前室があるモデルが多いのが特徴。近年ではツーリング専用のテントなども登場し、よりツーリングキャンプが楽しく快適な多種多様なテントも多く発売されています。

ツーリングテントのおすすめその1!

ツーリングテントのおすすめ

キャプテンスタッグ リベロ ツーリングテント 2人用

おすすめの理由!
軽量&コンパクト収納で、ツーリングにもばっちりハマる2人用テントです。UV-PROTECTIONコーティングが施されており、何と紫外線を95%カット!夏場にも嬉しいテントです。またコンパクトながらも荷室が前後に装備されているため、使い勝手も◎フライとインナーの間に80mmの間隔を確保することで結露しにくく、テント内で快適に過ごす事ができます。

ツーリングテントのおすすめその2!

ツーリングテントのおすすめ

DOD ライダーズワンポールテント

おすすめの理由!
うさぎマークのDODがツーリングキャンパーのために作ったワンポールテントが登場!こちらもツーリングキャンプに欠かせない、前室がしっかりと確保され、ワンポールテントなので、張った時のデザインにこだわりたい方におすすめ。オシャレツーリングキャンプを求めるにはピッタリです。

【山岳用テント】

スペック・コンパクト性は最高峰!

山岳用テント

山岳用テントはキャンプシーンで使用する状況を遥かに凌駕する過酷な状況下での使用を想定して作られています。氷点下、台風レベルの風速…そんな厳しい自然環境でテントが潰れてしまわないよう、まさに「命を守る」をテントとなります。テントをはじめ様々なギアをザックに入れ込み、そのすべてを自身で背負い、険しい道のりを超え、山頂を目指すそんなハイカーやアルピニストのために、1gでも減るよう軽量化を目指し、各メーカーの力が最大限に注ぎ込まれた「技術の集大成」とも言えるテントです。

山岳用テントのおすすめその1!

山岳用テントのおすすめ

ヒルバーグ テント Keron 3 GT Sand

おすすめの理由!
山岳用のテントの中では比較的重めなヒルバーグですが生地・ポールの耐久性を重視したため。某テレビバラエティーの過酷な雪山ロケにも使用されており、その他山岳ガイド・森林レンジャー・捜索救助隊等の専門家からも支持されています。選んで間違いない、圧倒的信頼感を誇るハイスペックな山岳用のテントの一つです。

山岳用テントのおすすめその2!

山岳用テントのおすすめ

ゼログラム ZERO1 Pathfinder Tent

おすすめの理由!
圧倒的な軽さを実現したゼログラムのZERO1!一般的にトレッキングポールシェルターは軽さと引き換えに快適性や利便性がなくなります。しかしその常識を覆し650gという圧倒的な軽量性を実現しながら、居住性を兼ね備えたのがこのゼログラムのZERO1です。居住スペースに加え、荷物や靴を置ける前室があるため、快適性もあります!

他のアイテムについてもチェック!

ナチュラムオススメコンテンツ

To Top