キャンプ入門 タープ&ポール編

日除けや雨除けに役立つ「タープ」は、キャンプでは必須のアイテムです。日中はテント内よりも、タープ下で過ごす時間が多く、ひとつ用意しておくとアウトドアでの過ごし方が格段に快適になります。日帰りBBQやデイキャンプにも使え、太陽の光をしっかりと遮断してくれるタープ、虫から守ってくれるタープ、はたまた焚き火やBBQの際に舞い上がる火の粉に強いタープなど、その種類や用途は実にさまざま。それぞれの特徴と目的に合うタープをお選びいただければ、あなたのキャンプライフはより楽しくなるはずです。ここではタープやポールの特徴と、おすすめの商品をご紹介いたします。

美しいタープ、横からの写真

タープの形について

タープを選ぶ際、もっとも重要になるのがタープの“形“と“サイズ“です。形は大きく分けて5種類あり、サイズは少人数からグループで使えるタープまで様々。キャンプシーンを想像しながら、タープの形とサイズをあらかじめ意識しましょう。また、タープのカラーはテントと同系色にすることで、キャンプサイトに一体感が出てきます。下の早見表を参考にして、タープを選んでみましょう。安全にタープを使うためにも、強風時の設営はお控えください。

タープはどう選ぶべき?簡単早見表!

タープ選び早見表

タープ選び早見表
ヘキサタープ
開放感抜群で、張った時のフォルムの美しさも魅力!ポールを追加することで張り方アレンジも自由自在。コンパクトに収納ができ、慣れると一人で設営することも可能です。
レクタタープ
ヘキサタープよりも広い面積の影を作ることができ、大人数のグループキャンプにおすすめです。ヘキサと同じくその張り方は自由自在。テントと連結させたり、風除けのための「壁」として使ったり、スタイルに応じてアレンジを楽しみたい方に。ポールの必要本数が多い分、設営に時間がかかってしまうことがあります。
ウィングタープ
設営すると鳥が羽を広げたような形になるウィングタープ。ヘキサタープやレクタングラータープに比べると日陰になる面積は少ないですが、軽量コンパクトで風に強く、その美しい形に一部では高い人気があります。
スクリーンタープ
プライベートな居住空間を作ることにかけてはピカイチ。虫が苦手な方には文句なしにこちらをおすすめ。メッシュで通気性も確保しつつ、虫を防ぎます。フルクローズできるタイプであれば風も防ぐ事ができ、3シーズン対応します。
自立式タープ
とにかく設営が非常に簡単。キャンプ以外でも様々なアウトドアシーンで活躍してくれます。しかし、雨天時には雨水がたまる事もありますのでご注意ください。また収納サイズが大きく重量も重いため、運搬が大変です。サイドスクリーンを取り付けることでプライベート空間が作れます。

ポールについて

ヘキサタープ、レクタタープ、ウィングタープを張るのに欠かせないポール。その選び方はメインポールにするかサブポールにするか、用途やアレンジによって異なります。またポールの素材や機能も様々。利用するタープに応じて、必要なポールを見つけましょう。もちろんポールの長さは最重要となります。商品をしっかりと確認して、理想のポールを見つけましょう。

メインポールにするかサブポールにするか

タープポールの種類は大きく分けて2つあります。タープの中央を支えるのが「メインポール」。支柱となる役割で、両サイドに1本ずつ計2本を使います。2本のメインポールに、追加して使うのが「サブポール」。開放感が欲しいときや雨を効率的に流すために傾斜させるなど、張り方に幅を持たせることができます。必然的にメインポールの方が、長く太いポールになります。

メインポール
もっとも荷重がかかるポールとなり、ポールの直径は25mm以上の太くしっかりとしたポールを選ぶようにしましょう。閉塞感を感じない広めの空間が理想であれば、自分の身長+80cmの長さのポールを選ぶのがオススメです。
メインポール
サブポール
タープ設営時のレイアウトにアレンジを増やすための小道具のような役割を担います。解放感の調整をしたり、タープの雨の流れを自分でデザインしたりと用途は様々。時にはテントのキャノピーポールとしても使えます。長さは、自分の身長+20cmぐらいあれば、かがまずにタープ内に入れておススメです。
サブポール

ポールの素材

ポールの素材は大きく分けて4つあり、安価なものから高価なものまで様々です。

スチール(鉄)
強度や耐久性に優れており、値段が比較的安価です。その反面、重く錆びやすいためこまめなお手入れが必要です。
アルミ合金
強度や耐久性に優れており、軽くて錆びにくいです。カラーバリエーションが豊富で、木目調のカラーのポールもあります。
ウッド(木製)
素材によっては強度に優れています。おしゃれになりますが、重く水を吸うためメンテナンスが必要です。値段も高価になります。
カーボン
カーボンファイバーとも呼ばれ、重さは鉄の1/4と非常に軽量。強度は鉄の10倍もあり、耐摩耗性・耐熱性・熱伸縮性にも優れていますが、値段も高価になります。

ポールの特徴や機能

各メーカーから様々なポールが出ており、接続方法やポールの長さ調整方法はそれぞれ違います。ポールの持つ特徴や機能を知り、より使いやすいポールを見つけましょう。

接続方法
ワイヤーやショックコードが入っているポールは、つなぎ順が決まっており接続が簡単です。デメリットは、ワイヤーやコードが伸びてしまい、片手で取り扱いできなくなる場合があります。ピンで固定するボタン式はそういった不安が無いのでおススメです。ネジのように締めるねじ込み式のポールは耐久性の観点からおススメできません。
伸縮機能
あらかじめ穴の開いた高さにピンで固定するラチェット式や、無段階調整ができるポールがあります。サブポールとして2本、同じ高さで使う場合は、調整してから使いましょう。

ラチェット式と無段階調節式

ヘキサタープ

設営が簡単でアレンジも可能!美しいフォルムが特徴的なタープ

ヘキサタープ

ロープと2本のポールで張れるタープなので設営が非常に簡単です。ガイロープ(張り綱)をしっかりペグダウンする事で、初心者でもきれいに簡単に設営することができます。また、ロープの張り方を変えることで、日陰の面積を調節したり、同時に使用するテントと連結させたりとアレンジ性が高いのが特徴。張った時のフォルムは、数あるタープの中でももっとも美しく、綺麗に張れたタープを少し遠くから眺めるのも楽しみのひとつ。写真映えするおすすめタープです。

ヘキサタープのおすすめ!

ヘキサタープのおすすめ

Coleman(コールマン) XPヘキサタープMDX

メインポールがクロスポールになっており、クロスポールを広げるだけで、簡単にタープの高さ調整が可能です。サイドポールが標準装備で、様々な設営バリエーションにも対応。クロスポール採用でもシングルロープ設営できるので、設営が簡単です。

ヘキサタープのおすすめ

DOD(ディーオーディー) いつかのタープ

初心者におすすめのベーシックなヘキサタープ。オールインワンだから扱いが簡単です。買い足しをせずキャンプ場に持ち出せるよう、タープ本体の他にペグ、ロープ、ポール2本、キャリーバッグ、延長ベルトが付属しています。テントとタープを近づけて張りたい時は延長ベルトを使用し、ポールの位置をずらすことができます。厚みのある150D生地で遮光性が高く、快適に過ごすことができます。キャリーバッグに付属品一式をコンパクトにまとめて収納可能。ファミリーキャンプでテーブルを置いてくつろぐのにちょうどよいサイズ設計です。

レクタタープ

ファミリー・グループキャンプにおすすめ!

レクタタープ

形が四角(長方形)のため、スクエアタープとも呼ばれているレクタタープ。6本のポールで設営するので、天井も高く圧倒的な開放感があります。ただし、ポールを多く使用するので設営は少し時間がかかってしまいます。長期滞在型のキャンプや人数の多いファミリーキャンプ、グループでのBBQなどにおすすめです。ヘキサタープ同様、ポールの本数やロープの張り方で多数のアレンジが可能ですのでスタイルに応じた張り方ができます。一度使うと、その存在感と開放感の虜になるはず!

レクタタープのおすすめ!

レクタタープのおすすめ

ロゴス(LOGOS) グランベーシック ソーラーレクタタープ L-BB

ソーラーブロック加工を施した炎天下に活躍する高機能レクタ型タープ。生地には分厚くて丈夫な難燃ヘビーポリオックスを採用し、さらに裏面にはUV-CUT率99.9%、遮光率100%という驚異のスペックを備え、日向と日陰で最大15℃もの温度差を生み出す「ソーラーブロック加工」をプラス(※LOGOS調べ)。8カ所にグロメットを設けているので、天候に応じてフレキシブルな張り方ができるのもポイントです。

レクタタープのおすすめ

TENT FACTORY(テントファクトリー) TCレクタングタープ

生地はテントファクトリー独自のコットン65%、ポリエステル35%を採用。生地裏側を加工コーティングし、高い耐水圧(2000㎜)を実現。耐久性に優れた「Hi-TC」を採用したレクタング(長角)スタイルのタープです。 ファミリーからグループキャンプに最適なスタンダードタイプ。使い勝手が良く、雨にも対応できるので、キャンプ以外に自宅の庭で使うのもおすすめです。通常のポリエステルのタープに比べ、火に強いので多くのキャンパーに人気です。

ウィングタープ

軽量コンパクトで風に強い美しい形のタープ!少人数のキャンプにおすすめ!

ウィングタープ

その形状からウィングタープは他のタープと比べて軽く、持ち運びや設営において大きなメリットになります。日陰の面積は他のタープより小さいため、ソロキャンプ向けのタープです。設営が簡単なのもソロキャンパーにとっては嬉しいポイント。設営の仕方は、ポール2本で立てて、サイドの2か所から張り網で張るだけです。一人でも立てることができます。

ウィングタープのおすすめ

スクリーンタープのおすすめ

KELTY(ケルティ) NOAH’S TARP 9

キャンプ、バックパッキング、フェスに最適なシンプルなタープです。便利なロールトップのキャリーバッグ付きで、どこへでも出かけられます。つなぎ目は全てシームテープ処理済みで、ストレージポケットと共に、コーナーガイドラインが付いています。ポールは別売りですので、軽量で持ち運びできます。

スクリーンタープのおすすめ

Snugpak(スナグパック) オールウェザーシェルター

日光や風、雨、雪などから身を守る「全天候型」多目的シェルターです。ダイヤモンド型のデザインで、フライトシート・くさび型・差し掛け型などあらゆる形で使用可能です。ポールは付属していませんが、荷物を軽く、コンパクトに持ち運びしたい方に最適です。四隅にハトメ、両サイドにたくさんのベルトタブを備えています。フライシートとして使用時には背骨に3つのベルトタブを装備し、4mのガイロープ(長さ調節可能)が4本と、8本の軽量合金ペグを付属しています。210Tポリエステルリップストップ生地、ポリウレタンコーティング(2000mm HH)仕様に加え、紫外線への耐性(SPF30)加工を施しています。

スクリーンタープ

虫を寄せ付けずプライベート空間も確保!お子様連れのキャンプにおすすめ!

スクリーンタープ

天蓋部分と壁部分が布に覆われているスクリーンタープ。日差しや雨を防げるのはもちろんのこと、メッシュ仕様のタープを選べば通気性がありながらも、蚊や蜂などの虫対策としてもお使いいただけます。フルクローズすれば周りの視線が気にならないプライベートな空間を確保することも可能です。着替えをしたり、赤ちゃんのお世話をしたりする際にも便利です。また、テントと組み合わせて使うと拡張性が広がるのもポイント。テントを寝室、スクリーンタープをリビングとして使い分けることなどもできるので、より快適なアウトドア空間をつくりたい方におすすめです。

スクリーンタープのおすすめ

スクリーンタープのおすすめ

コールマン ドームスクリーンタープ

コールマンを代表するスクリーンタープのひとつ。風に強いドーム型で、4面すべてをフルオープン・フルクローズ・フルメッシュにすることが可能です。コールマンの同シリーズとの連結も可能なので、汎用性も非常に高くコスパ重視の方にもおすすめのスクリーンタープです。

スクリーンタープのおすすめ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) モンテ メッシュタープ(プレーナメッシュタープセット限定カラーモデル)

4~5人に最適なリビングスペースを確保できるメッシュタープです。全面に虫の侵入を防ぐ1mmメッシュを装備。全面のメッシュ部分を巻き上げると開放的なスクエアタープとしても使用できます。両サイド面(中央部)には、雨水を逃がす際に使用するフラップを装備。コンパクトに収納できるバッグ付で、小型車での持ち運びも容易です。雨の侵入を防ぐようにシームレス加工しております。

自立式タープ

デイキャンプやグループでのBBQ等で大活躍

自立式タープ

タープの中では群を抜いて簡単に組み立てて設営ができるタープで「ワンタッチタープ」とも呼ばれる自立式タープ。慣れてしまえば女性1人でも設営が可能です。設営はわずか3ステップ!
1.脚部フレームを広げる
2.フライシート(天井部分になる布)を被せる
3.脚部フレームを伸ばす。
以上で設営が完了してしまいます。また、自立式タープはキャンプ以外にも様々なシーンで活躍します。例えばBBQや、お子様のサッカー観戦や野球の試合の応援などをしているとき、また運動会や水遊び・プールなどなど。アウトドアライフで大活躍するシーンが非常に多くまさにファミリーにはぴったりのおすすめタープです。

自立式タープのおすすめ

自立式タープのおすすめ

Coleman(コールマン) パーティーシェードライト/360

グループでのBBQやキャンプに最適です。軽量で1人でも設営できる風に強い大型自立式シェード。キャンプでのシェード使いに最適な「パーティーシェード」が脚のフレームにアルミを採用して約25%軽量になりました。開放感たっぷりで快適にお過ごしいただけます。

自立式タープのおすすめ

ロゴス(LOGOS) ソーラーブロック Qセットタープ220

ソーラーブロックコーティングを施した生地により、UV-CUT率99.9%以上・遮光率100%を実現。表側の白は太陽光を反射させ、裏側の黒で熱をブロックするので、日陰と日向で最大15℃もの温度差を生みだします。ネジや金具は、一切ありません。一体型フレームを広げて生地をかぶせて留めるだけの新設計です。

ポール

ヘキサ、レクタの拡張性を高めてアレンジに幅が出せます!

ポールのおすすめ

ポールのおすすめ

DOD ビッグタープポール

軽くて頑丈な250cmアルミ合金タープポール。大型コットン系タープにも対応。強度はもちろん軽量性にも優れるアルミ合金製です。アルミ厚1.4mm・直径28mmで高い強度を持ち、タープ天井高250cmの快適な空間をつくり出します。構造はボタン固定式で組立簡単。ポールは1本ずつ独立するので、シーンに合わせて50cmずつ高さ調整が可能です。

ポールのおすすめ

ロゴス(LOGOS) プッシュアップポール【お得な2点セット】

長さは105cmから250cmの間で34段階選ぶことができます。タープで水路をつくる際、容易にポールの長さを変更できるプッシュピン方式で、選んだ高さでしっかり固定されます。ロゴスの間違いない商品を2本セットでご用意しております。

ポールのおすすめ

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOポール180(2本組)

クリックボタンが付いているため120cm・180cmと高さを変えることができるスチール(鉄)ポール。値段の安さで選ぶならこちらの商品がおススメです。直径19mmと、サブポールでのご使用をメインにソロキャンプでもご利用いただけます。

他のアイテムについてもチェック!

ナチュラムオススメコンテンツ

To Top