名品揃い!ユニフレーム定番品からおすすめの新作まで一挙ご紹介!

キャンパーなら誰しも一つは持っているユニフレームのギア!長く使えて色あせない数々の名品たちをここでは一挙にご紹介します!その中でも特に人気が高く注目度の高いおすすめギア12アイテムをご紹介しています。

名品揃い!ユニフレーム定番品からおすすめの新作まで一挙ご紹介!

名品揃い!ユニフレーム定番品

ユニフレーム(UNIFLAME) フィールドラック

ユニフレーム(UNIFLAME) フィールドラック

上級キャンパーへの近道、それが「フィールドラック」です。皆さんのキャンプサイトを想像してみてください。サイト内はごちゃごちゃしていませんか。また、地べたにそのままギアを置いて車の中が汚れた…なんて経験は誰しもがあるはずです。

そんな時、このフィールドラックがあれば、サイトの整理整頓はもちろん、ちょっとした机代わりに物置きにとにかく便利なんです!収納サイズも厚さ1cmとコンパクトでそれと相反するかのように耐荷重は約30kgとさすがユニフレーム製のタフな一面も。まさにユニフレームキャンプアイテムの決定版と言っても過言ではありません。

合わせてこちらもおすすめ!

ユニフレーム(UNIFLAME) フィールドラック

多くのキャンパーがこのフィールドラックを絶賛する理由はその高い汎用性。薪置きにしたり、天板をのせて食器類置いたり、調理台の代わりにも。さらにはスタッキングをすればサイト内のいろんなものを一気に収納することもできますよ。今まで地面に落ちていた大切なギアを汚すことがなくなります。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

キャンプに行って見かけないことはないほど人気の焚き火台といえばこの「ファイアグリル」。発売から十数年以上、今でも愛されるユニフレーム屈指のロングセラー商品には理由があります。それは、ハイクオリティ且つリーズナブルということです。

ユニフレームは“金物の街”で有名な新潟県は燕三条の企業です。長い歴史の中で培った高い金属加工技術をもっており、ファイアグリルには荷重約20kgに耐える強度と熱による変形を防ぐ工夫が施されています。焚き火を始めたい、そんなユーザーに間違いなくおすすめできる定番アイテムです。

合わせてこちらもおすすめ!

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

ファイアグリル一台あれば、焚き火、バーベキュー、ダッチオーブン料理が楽しめます。価格がリーズナブルな分、贅沢に二台持ちすれば焚き火をしながら炭火で調理することもできます。ユニフレームファンの多くに、オプションパーツの豊富さに虜になる方が多いですが、どれも質が高く、リーズナブルなのでついついオプションパーツを揃えて料理や遊びの幅を広げたくなってしまうんですよね。

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル

キャンプに不可欠な‘焚き火’というとっておきの時間。そんな時にこれほど頼れるサイドテーブルは、ほかにないでしょう。ユニフレームの焚き火テーブルは熱にも強く、耐荷重もなんと驚異の約50kg!ダッチオーブンをじかに乗せることができます。さらに天板のステンレスは、エンボス加工が施されているので細かい傷や汚れに強く、気を遣わずガンガン使えるのも嬉しいポイント。

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル

焚き火をしていると風向きが変わって座っている位置を変えたい時が頻繁にあります。そんなとき、囲炉裏型のテーブルに比べてこの焚き火テーブルなら軽くて移動しやすいんですよね。また最近ではユニフレーム製以外でも焚き火テーブルに似せた商品が出てきましたが、足回りもしっかりしていてこれほど安心感のあるサイドテーブルはほかにはないでしょう。設置や撤収も簡単なので、キャンプはもちろんそのシンプルな見た目から自宅でも活躍しますよ。

ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラTG-III

ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラTG-III

玄人キャンパーに絶大な人気を誇る卓上バーベキューグリル、それが「ユニセラ」。1992年に誕生したユニセラシリーズですが、それから何度も生まれ変わり完成系ともいえるユニセラTG-IIIが2017年に新登場しました。

玄人が惚れ込んでしまう理由が、炭とセラミックパネルの遠赤外線効果で食材を美味しく焼き上げることができること。キャンプのギアって意外とほかのブランドでも似ている製品があったりするのですが、このユニセラはユニフレームを代表する唯一無二の製品とも言えます。

豊富なオプションパーツも必見

ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラTG-III

少ない炭で調理できるからこそ、キャンプだけでなく家でも使えるユニセラTG-III。実はもうひとつここまで人気となった大きな理由があります。それはオプションパーツの多さにあります。さまざまなキャンプ飯を、より美味しくより楽しめるユニセラTG-IIIの豊富なオプションの魅力をお伝えすべく、ナチュラムではオプションを使ったキャンプ飯の特集ページを用意しています。

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴー)DX

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴー)DX

キャンプを始めるときに意外と悩みがちなのが調理器具。一体キャンプ場でどんな料理を作ろうか…そう考えると調理器具の種類や用途、サイズなど悩みは山のように出てきます。そんなキャンパーの悩みを一気に解決するのが「fan5シリーズ」!ライスクッカー・フライパン・大小の鍋・バスケットの5つがひとつにまとまったクッカーの決定版です。

利用人数によって使い分けよう!

実は、fan5シリーズにはDX(デラックス)とduoの2種類があり、DXが4~5人用でduoが2~3人用とされています。duoも2~3人以上をまかなう容量がありますが、どちらかにするかの決め手はライスクッカーがあるかで決める方が多いようで、このライスクッカーを目当てでfan5を買う方も!DXは2~5合・ミニDXは1~3合が炊けるので、お子さまの食べ盛りを計算してDXを選ぶ方が多いようです。

ユニフレーム(UNIFLAME) fanライスクッカーDX ガラス蓋

また、キャンプで上手くご飯を炊くことは非常に難しいですが、ライスクッカーは炊けると蓋が「カタカタ」と知らせてくれます。そのタイミングで火を止め、少し蒸らすと簡単に絶品!美味しい炊きたてご飯が完成します。

炊飯器のご飯より美味しくなるということで、家でも使う人もたくさんいらっしゃいます。また冷たくなったライスクッカー内のごはんも大鍋に入れて湯せんすればすぐにホカホカになります。自然のなかで美味しいごはんを食べたいあなたは、このfan5シリーズがおすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900

ファミリーや大人数でのキャンプになると必要になるのがツーバーナー。そのなかでも一際存在感を表しているのがユニフレームのツーバーナー「US-1900」。

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900

女性でも持てる軽量性ながら、ガスコンロ本物を匂わす質感。火力調整のつまみに触れると、その質の高さを実感できます。最大3,900kcal/hの高火力に注目されがちですが、US-1900の魅力は火力の‘調整’がポイント。火力調整の幅が広く、とろ火もできるので自宅さながら調理の幅も広がります。

US-1900はさまざまな工夫が施されたツーバーナーです。取り外し可能な蓋や汚れに強く衛生的なステンレス製の汁受け、前方傾斜で汚れが手前側に集るようになっているので片付けもラクチン。収納時のハンドルがツールやタオル掛けになるのも、抜かりないさすがのユニフレームです。

合わせてこちらもおすすめ!

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900

ツインバーナー(US-1900)をセットできるキッチンテーブルは、様々なユニフレーム製品とも相性がいいので、ユニフレーム製品を多くお持ちの方はおすすめのマストアイテムです!

ユニフレーム(UNIFLAME) キッチンスタンドII

ユニフレーム(UNIFLAME)

キッチンスタンドII
ユニフレーム(UNIFLAME) LTトート

ユニフレーム(UNIFLAME)

LTトート

おすすめの新作も要注目!

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブルラージ

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブルラージ

2019年待望の新製品「焚き火テーブルラージ」!先ほどご紹介した焚き火テーブルの性能はそのままに、面積が通常サイズの1.6倍に。実はこのラージですが、そのサイズ感が早くも話題になっています。

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブルラージ

通常の焚き火テーブルのサイズは(縦)35cm(横)55cm(高さ)37cmに対して、ラージは(縦)45cm(横)70cm(高さ)37cmと焚き火テーブルの2個分がラージの横と同じ長さなんです。そのため通常サイズ2つとラージ1つを合わせるとシンデレラフィット…!すでに通常サイズをお持ちの方も嬉しいポイントですね。

合わせてこちらもおすすめ!

さらに収納時には焚き火テーブルラージの裏面に通常サイズの焚き火テーブルがすっぽりハマります。ラージをメインテーブルに、通常サイズはサイドテーブルとして使えば、サイトのコーディネートもまとまった印象に!持ち運びも焚き火テーブルトート(モスグリーン)を使えば一度に2台も運べますよ!

ユニフレーム(UNIFLAME) スタッキングマグ350 チタン

ユニフレーム(UNIFLAME) スタッキングマグ350 チタン

ほかの人と被ってでも使いたいと思えるマグが2019年にユニフレームから登場しました!キャンプの朝や夜に温かい飲み物を飲むことってたくさんありますよね。

シェラカップだと底が浅い分、飲みにくく冷めやすいですが、深型だと空気に面する部分が少ないのでスープなどの汁物系がシェラカップより飲みやすいんです。そして何と言ってもチタン製なのにリーズナブルな価格!チタンといえば、熱伝導が低いので熱湯を注いでも口触りもよく熱いうちでも口をつけて飲めます。さらに冷めた時も直火にかけて温められるメリットも。深型だとこぼれにくいので、小さいお子様にもおすすめです。

合わせてこちらもおすすめ!

ユニフレーム(UNIFLAME) スタッキングマグ350 チタン

ユニフレームの公式サイトでも発表されていますが、実はスタッキングマグ350はユニフレームのコーヒーサーバー「UFコーヒーサーバー」内に4個まですっぽり収納可能です。マグ自体のスタッキングも非常に優秀で、ぴったりハマる上に嫌な音もしません。日本酒がお好きな方はUFコーヒーサーバーにお湯を貯めて、そこにマグを入れてあげると熱燗もできちゃいますよ。大人も子供もガッツリ使えるマグはユニフレーム新定番品になること間違いなしです。

ユニフレーム(UNIFLAME) 薪グリル

ユニフレーム(UNIFLAME) 薪グリル

従来の焚き火台とは全く異なる焚き台が2019年にユニフレームから新登場しました!それは、調理をする前提で作られた焚き火台であるということ。一般的な焚き火台はゴトクや網をオプションでのせることで調理が可能となりますが、この「薪グリル」は初めからゴトクをがついており、背面に奥行きを持たせた形状のためダッチオーブンなどの料理もお手の物なんです!

ゴトクの高さは三段階に調整できる、別売りの薪グリルブリッジ(網)を使えば段違いで同時に調理することも可能です。薪グリルはその形状から薪を加えやすく、三方面に風防があるので火力調整も簡単です。地面と炭床まで約10cmの高さがあるので、地面を痛めません。

合わせてこちらもおすすめ!

ユニフレーム(UNIFLAME) 薪グリル

さらにはユニセラサイドトレーをつけることも可能で、今後は薪グリルのオプション製品が増えるのではないかとスタッフは予測しています…!

ユニフレーム(UNIFLAME) 薪グリル ラージ

ユニフレーム(UNIFLAME)

薪グリル ラージ
ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラ トング

ユニフレーム(UNIFLAME)

ユニセラ トング

ユニフレーム(UNIFLAME) ギザ刃シリーズ

ユニフレーム(UNIFLAME) ギザ刃シリーズ

昨今、世のお母さん方を中心に注目が集まっているアイテムがギザ刃シリーズ。実はキャンプで料理をする時間って意外にも長いんですよね。家でも調理している方からすると、キャンプだからと言って安くて扱いづらい調理道具を使ってストレスを感じたくないですよね。

そこでストレスを感じない品質、且つリーズナブルな製品を求めるとギザシリーズにたどり着きます。ギザシリーズに共通するのはその名のとおり刃が「ギザギザ」がしていること。2019年にギザ刃キッチンシザーズ、ギザ刃フィレナイフ、ギザ刃キャンプナイフの3種類が新登場しました。

ユニフレーム(UNIFLAME) ギザ刃キッチンシザーズ

ユニフレーム(UNIFLAME) ギザ刃 キッチンシザーズ

家でも使いたくなる高性能キッチンばさみ。肉のような包丁で切れにくいものも、ギザ刃キッチンシザースならまな板いらずで簡単に切れちゃいます!それ以外にも、栓抜き、大小のマイナスドライバーが付いており、クルミなどの固いものを割ることができます。使い終わったら、簡単に分解して洗うこともできる点もメリットですね。

ユニフレーム(UNIFLAME) ギザ刃 フィレナイフ

ユニフレーム(UNIFLAME) ギザ刃 フィレナイフ

ギザ刃キャンプナイフとともに刃物の名産地、岐阜県関市で製造された国産ナイフです。刃は細身でしなりがあるので、魚を捌いたり、生肉を切り分けしやすいようになっています。

ユニフレーム(UNIFLAME) ギザ刃 キャンプナイフ

ユニフレーム(UNIFLAME) ギザ刃 キャンプナイフ

ギザ刃キャンプナイフは折り畳みができて非常にコンパクトになるので携帯性が高いのも特徴です。それ故に、荷物を増やしたくない登山などにも便利。刃先のギザギザを使えば、スッと刃先が入っていきます。柔らかいものなども食材が潰れることなく切れるので口に入れた食感や料理の見た目も良くなり美味しく召し上がれます。

ユニフレーム(UNIFLAME) キャンプ羽釜 3合炊き

ユニフレーム(UNIFLAME) キャンプ羽釜 3合炊き

歴史あるアイテムがキャンプ道具になりました!ユニフレームの高い金属加工技術を駆使して誕生したモダン風羽釜。「外で食べるご飯はおいしい」と同じで「羽釜で食べるご飯は美味しい」。そんな言葉では表せない魅力を兼ね備えています。しかし具体的に美味しくできるワケがこの羽釜にはあります。まず、すり鉢形状により対流が起き、お米がしっかり水分を吸収します。アルミ鋳造による熱伝導率の良さでお米全体にしっかり火を通して美味しいごはんが出来上がります。

キャンプ羽釜は、蓋も重いステンレス製でできており、圧力がかかり急な吹きこぼれを防いでくれます。出来上がりにこの蓋を開けるのが快感でクセになってしまうこと間違いなしです。

合わせてこちらもおすすめ!

ユニフレーム(UNIFLAME) キャンプ羽釜 3合炊き

ユニフレームにはお米が美味しくなるもう一つのアイテム(※fan5(ファンゴー))がありましたよね。本当にどちらも美味しく炊けるので、両方持っている方も多いんだとか。ユニフレームには羽釜本来の性能をより引き出してあげるためのとっておきのギアも販売されています。

それがユニフレームのロングセラー商品「ネイチャーストーブ ラージ」。ネイチャーストーブラージの上部の口にぴったりハマって効率よく熱することができます。皆さまもキャンプ場で‘至極のご飯’を炊いてみてください。

ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブ ラージ

ユニフレーム(UNIFLAME)

ネイチャーストーブ ラージ
ユニフレーム(UNIFLAME) 羽釜袋3合

ユニフレーム(UNIFLAME)

羽釜袋3合

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOポールシリーズ

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOポールシリーズ

ユニフレームの定番タープといえばREVOタープですよね。そのREVOタープ用推奨ポールがこのスチールポールです。もちろん、ほかのテントやタープに使える汎用性とお値段以上のクオリティで大人気です。

使い方は簡単!ばらばらになっているポールをクリックボタン式ではめ込んで繋げます。クリップボタン式なので、高さを調節(※REVOポール240:1200㎜~2400㎜、REVOポール180:1200㎜~1800㎜)することができます。あなたのテント、タープをより自由自在に変形したいのであればこのポールをサブポールにすることをオススメします。

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOポール240(2本組)

ユニフレーム(UNIFLAME)

REVOポール240(2本組)
ユニフレーム(UNIFLAME) REVOポール180(2本組)

ユニフレーム(UNIFLAME)

REVOポール180(2本組)

最上級のキャンプ飯を求めて

ユニフレーム(UNIFLAME) - 最上級のキャンプ飯を求めて

UNIFLAME(ユニフレーム)のさまざまなオプション製品をスタッフが実際に使い「え、こんな楽しみ方もあるんだ」と感じてもらえるよう「最上級のキャンプ飯」をご提案していきますので、こちらのページもぜひチェックください。

オススメコンテンツ

To Top