ダンロップ(DUNLOP) 2人用3シーズンツーリングテント R-226 ツーリング&バックパッカー
完売しました

2人用3シーズンツーリングテント

商品説明

  • 軽量化を図りながらも、通気性と居住性を重視しコストパフォーマンスを追求した、エントリー層向けの3シーズン用テントです。
  • 素材の軽量化に伴いツーリングだけではなく無雪期の登山やキャンプテントとしても使用できます。
  • コストパフォーマンスに優れ、エントリーユーザーに最適なテントです。
  • 天井は点ではなく面にし、入口を2箇所にして前室も2箇所あり居住空間と通気性に優れたテントです。

商品詳細

  • フライシート素材:40Dナイロンリップ(ポリウレタン防水加工)
  • インナーテント素材:40Dナイロンリップ(通気撥水加工)
  • グランドシート素材:70Dナイロンタフタ(ポリウレタン防水加工)
  • ポール素材:DAC-7001S
  • 張り綱素材:テクノーラ(アラミド)
  • サイズ:間口210×奥行120×高さ115cm
  • 収納サイズ:23×41×15cm
  • 重量:約2.26kg※重量表記はインナーテント+フライシート+ポールの実重量です。
  • 出入口構造
  • 吊り下げ式テントのメリット
  • センターハブ
  • ポール/DAC7001S採用のこだわり
  • スクリューフック
  • 倒立スリーブ
  • コンパクトな収納サイズ
  • 付属品:収納袋、ペグ、張り綱、フライシート袋

バイヤーオススメコメント

人力移動が可能な軽量化を考えつつも、居住性を重視

2人用と3人用は天井を点ではなく面にすることにより、
テントの立上がりをよくし、データ上のスペック以上に
居住空間が広く快適なテント生活が送れます。
それでいて、重量は2.5kg以下に抑え、
【重量】と【居住性】のバランス、
それに【コストパフォーマンス】の3つにおいて
非常にバランスの良いテントに仕上げました。

メーカー品番

R-226

ナチュラム商品番号

2219317

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:6件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2015.05.30
ikoan1940...様

安くなったところを狙って購入♪ 色が完全にスイカだけど(笑)、それはそれなりに気に入っています。 ソロ用または2人用で出番は少ないけど、要所で活躍してくれそう。シェルターに設営してインナーとして使ってもいいかなと。 高さがかなりあって快適。ただ、暑くて雨が降っている場面では、換気しにくくてちょっと大変でした…。


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.10.24
sasug...様

夏の高原キャンプに出掛けた時に降ったり止んだりの生憎の天気 夜中には雷を伴なって叩きつける雨やがてグランドシートの下の芝に雨がたまり 遂にはグランドシートとテントの間も水没までには至らなかったものの 湿った状態でしたがこのテントのインナーが踏ん張ってくれ事無きを得ました


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.07.11
nabenabe0...様

いつかはバックアップキャンプを目指しつつ、甥っ子をキャンプに同行させるために購入。 う~~~ん、 やっぱしリュックに入れるには専用のテントや無いと、、、 大きさ的にも重さ的にもきついような・・・。 山岳テント高すぎやねんな~~~(泣) まあ、いいや。 ようは身体を鍛えれば!!!!!!


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.06.17
tamotsu_c...様

ツーリング用のテントを選出してて最後まで残ったのが、ダンロップR226とモンベルムーンライト2型とオクトスアルパイン2人用でした。 どれも25000円ほどするのですが、たまたまここのサイトでR226が2万円を切る価格で販売されてたので、迷わずポチりました。 テント側面が垂直に近く立ち上がりますので移住性は非常に高く、また前後ドアーのメッシュで通気性も抜群です。 よくテントの重量や収納サイズのカタログ値だけを見てウンチクを言う人が多いですが、軽くなればそれだけ生地が薄い場合や前室も含めた移住スペースが狭い場合が多いですよね。 このテントは、ツーリング使用での移住性・通気性・収納のコンパクトさ・丈夫さ・重量・設営容易性・価格のバランスを高次元で達成していると思います。


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.04.06
toruar...様

自転車でのキャンプを考えて購入しました。気候の良くなった時分からしかキャンプしないのでこのテントにしました。ダンロップのテントは昔から信頼があるし、値段も手ごろでした。

よくある質問
ペグ、張り綱等を使用することによりある程度は対応可能ですが、基本的に風が吹いている場合は設置場所や設置の向きを工夫する必要があります。 また強風の際は設置を見合わせた方がよい場合もあります。 強風による破損、事故に関しては補償等ございませんので御注意下さい。
テント(タープ)付属のペグは簡易的な物となります。 使用環境・状況によっては使用が困難な場合があり、消耗品のため磨耗や破損も起こりえますので、予めスペアのご購入を推奨致します。 使用環境・状況に合わせて強度・性能に特化した高性能な商品も多数ございますのでご検討下さい。
テント・タープ付属のハンマーに関しましては、交換・返品対象外となっており、修理に関しても行なっておりません。 付属のハンマー簡易的な物ですので、十分にペグ打ちできない場合もございます。 使用環境・状況に合わせた性能・強度の高いハンマーを別途ご購入検討頂きます様お願い致します。
大型のキャンプ用品は、ほとんどが屋外で撮影されており、その時の天候や光の当たり具合で発色が異なります。 実物のカラーをモニター上で忠実に表現することは難しいところでございますので、その点をご了承の上でご検討下さい。
商品使用におけるショックコードの破損に関しましては、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 市販のショックコードをお買い求めの上、ユーザーにて修理を行なって下さい。 ショックコード収納の際に、端から順に折り曲げられますと、徐々にコードの伸びにゆとりがなくなり、ジョイント部での断線や、ポール内部の止め金具の抜けが発生致します。 継ぎ数の多いポールの場合は、中央辺りから半分ずつになるように折り曲げて、出来るだけショックコードにテンションがかからないように収納を行なって下さい。
商品使用におけるポールの破損に関しての保証は、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 風のある時の使用には、十分お気をつけ下さい。 ジョイント部の破損は、差込み不十分によるものがほとんどです。 しっかり差し込まれているのを確認して設営を行なって下さい。
『結露』とは暖かい空気が冷たい空気(物)と接して、暖かい空気側の幕に水滴が付着することをいいます。 これは、暖かい空気中に含まれている水分が急激に冷やされて露となって付着したもので 暖かい空気の湿度が高く、温度差が激しいほど、結露はひどくなります。 テントの場合ではフライシート・内幕・グランドシートの内側に、タープの場合は内側に結露が生じます。 ▼対策 ・換気を十分に行う。温度差をなくす。 ・通気性を高める。 上記を行うことによって結露を軽減することができます。 ベンチレーターなど機能をご利用ください。 ▼注意:1 結露によりテント(タープ)の内側に付着していた水滴が、 急な雨などにより、 フライシート(タープ) 外側からたたかれて落ちてくる場合があります。 ▼注意:2 防水加工をしていない生地や、透湿性防水素材(ゴアテックスなど)は結露を軽減させることが可能ですが、 完全に防止することはできません。
To Top