シマノ(SHIMANO) 13ステラSW 8000HG 13 STELLA-SW 8000HG 6000~8000番
入荷待ち

13ステラSW 8000HG

商品説明

  • 「強」と「滑」を高次元に融合した、シマノ史上最強のスピニング!
  • NEWステラSWが求めたもの、それは「絶対的な強さ」だ。この強さを手にするため、「耐久性」、「巻上力」、「剛性」、「防水性能」、「ドラグ性能」を突き詰めた。中核をなすのはギア部のパワー伝達効率を向上する[X-SHIP]。剛性を高め、歪みによるパワーロスを払拭する[POWER AL.BODY]、[X RIGID ROTOR]、[X RIGID BAIL]、[X RIGID HANDLE]。以上のフィーチャーが組み合わされる相乗効果により、ハンドルに入力されたパワーはロスされることなく強大な巻上力を生み出す。その絶大なる力を支えるため、心臓部には極限レベルの強靭さを誇る[X-RIGID GEAR]を搭載した。さらにマグロ、GTの強烈なランを想定し、耐熱性、耐久性を飛躍的に高めた[X-TOUGH DRAG]を採用。スムーズなドラグ性能にもより磨きをかけ、ドラグの信頼性を一層強固なものとした。進化を遂げた各機構。これらの初期性能を維持し耐久性を確保するため、各部の防水機構にも注力した。随所に施した強力なシーリング[X-SHIELD]。

商品詳細

  • ギア比:5.6
  • 実用ドラグ力:196.0/20.0N
  • 最大ドラグ力:274.4/28.0kg
  • 自重:675g
  • スプール寸法(径mm/ストロークmm):61/22
  • ナイロン糸巻量(号-m)5-275、6-230、8-160
  • PE糸巻量(号-m):3-410、4-300、5-250
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):107
  • ハンドル長:75mm
  • ベアリング数(SA-RB/ローラー):1/14
  • ※PGはパワーギア仕様、HGはハイギア仕様、XGはエキストラハイギア仕様です。
  • ※8000~30000のベールはハンドルリターンしません。
  • ※13ステラSW#8000~14000のスプールは、08ステラSW#8000~10000のボディには装着できません。
  • ※N(ニュートン)とは、力を表す単位で、1kg=9.8Nです。
  • ※最大巻上長は、スプール前ツバ最外径による計算値となっています。

メーカー品番

13 STELLA-SW 8000HG

ナチュラム商品番号

2431256

ジャンル

お客様レビュー
5.0レビュー件数:5件
初心者(0) 経験者(2)
100%
2
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます
5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2018.01.24
kanemotoyos...様

ツインパワーを使用していましたが、ステラへ乗り換えです。 トルクが違いますね!

5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2016.03.10
chopper6...様

ブリのジギング用に購入しました。さすがステラSWです。これからガンガン使っていきます。


  • ご購入者様
  • 上級者
2015.09.21
oasis...様

ステラSW8000HGを買うか迷いましたが買っちゃった~ この秋が楽しみで待ち遠しです!


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.12.14
mnbe...様

青物ジギング用に購入。 10000PGと悩みましたが、HGだと今後14000スプールに付け替えてキャスティング流用するなど使い勝手がいいかと思い8000HGにしました。 オシアPE4号70lbでハイテンションの機械巻きで若干の下巻きで丁度スプールに収まる感じになりました。 675gは自分には重いかなと悩みましたが、使用すると重さより安心感のほうが上回るため、重さはそれほど重要でなくなりました。 今後はスピニングリールはステラしか使えなくなりそうです。


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.10.26
kohei0...様

13ステラSWは5台目の購入になります。手返しの早いオフショアジギング、ブリやヒラマサのキャスティングから磯でのショアジギング等大活躍でしてます。シマノ最高峰であるので巻き心地、ギアの耐久性も最高です。ステラSW使い始めたらこれじゃないといけなくなるかもしれません。

よくある質問
基本的にはリールに保証書はついておらず仕様規格欄に保証書付属と記載されていない商品には付属されておりません。
申し訳ございません。ラインを巻きつけての出荷は行っておりません。
同一メーカー製品同士であれば確認を行なうことは出来ますが、他社製品同士または輸入品につきましては確認を行なうことが出来ません。 リールとロッドは取り付け部形状の共通規格が無く、適合しない場合がございますので、予めご了承下さいませ。
To Top