Coleman(コールマン) パワーハウスLPツーバーナー JCM-S201A ガス式
完売しました

パワーハウスLPツーバーナー

商品説明

  • 収納時の厚さが約5.5cmと従来のモデルに比べて格段とスリムになったLPツーバーナー。LPガスを燃料とする為、非常に取扱いが簡単

商品詳細

  • 最大火力:3500kcalx2(レギュラーガス使用時)
  • 使用燃料:TタイプLP燃料
  • 燃焼時間:約1.6時間~3.2時間(レギュラーガス470g缶使用時)
  • 使用時サイズ:約63x33.5x53(h)cm、収納時サイズ:約53.7x32x5.5(h)cm
  • 重量:約4.1kg
  • 自動点火装置付
  • 仕様:汁受け部フッ素樹脂加工

バイヤーオススメコメント

このツーバーナーは、なんと!汁受け部にフッ素樹脂加工を施しているので、掃除がとっても楽です。キャンプが終わった後の、かたづけは簡単に済ませたい物です。

メーカー品番

JCM-S201A

ナチュラム商品番号

440872

ジャンル

関連商品

お客様レビュー
0.0レビュー件数:91件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2013.04.09
jinuw...様

ガスをセットして、「カチッ!」と回すだけで着火! とても楽です! 火力は冬以外は不満なく使えています。形も細くて収納しやすい! かなり重宝しています!!


  • ご購入者様
  • 上級者
2012.07.18
dim...様

今までは定番のホワイトガソリンのツーバーナーを使用していましたが、 子供も出来て、冬場のハードな?キャンプもしなくなったため、 扱いが簡単なLPツーバーナーに乗り換えました。 ポンピングも、特別な手入れも不要なため、楽チンです! しかも薄いので、車載時のスペースも取りません!! スタイルに拘らない、ファミリーキャンパーには必要十分ですよ^^


  • ご購入者様
  • 上級者
2012.06.19
aras...様

ガソリン使用のバーナーとどちらにしようか長く迷いましたが、扱いが楽であるのと何より価格が手頃ということで、 LP使用に決めました。火力は問題なく簡単に使えて満足してます。


  • ご購入者様
  • 上級者
2012.06.06
kgtmh...様

イワタニのカセットボンベツーバーナーを持っていたのですが、セールをやっていたので思わず購入 イワタニの物やコールマンの以前のタイプより少し厚みが薄くなっていますね 点火が自動点火になって大変便利になっています ただ、収納ケースか付属していないので別途購入しなければならないのがマイナスです 私はたまたまイワタニのツーバーナーについていたケースがピッタリだったのでそのまま使用しています この手の商品全てに言える事ですが、運ぶことを考えて全て収納ケースは付属して欲しいものです


  • ご購入者様
  • 上級者
2012.06.06
zzs61...様

収納は薄くて格好がいいです。買ったばかりなので、あまり汚さずに使いたいものです。

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=440872
よくある質問
申し訳ございません。製造年月ご指定の注文はお承りできかねます。
A:ガスカートリッジは必ず同メーカー専用カートリッジのご使用をお願いいたします。 器具はガスカートリッジと接続してはじめて機能します。 従って同一の規格で作成されていないと細部の微妙な寸法の違い等でガス漏れが発生したり、 正常な燃焼を果たせなかったり、火災事故につながる場合があります。 また、他メーカーのガスカートリッジを使用して何らかの事故が発生した場合、生産物賠償責任保険も適用されなくなり、弊社での責は一切負いかねます。
イグナイター(点火装置)の点火不具合が発生した場合は、下記の事をお試しください。 (※注意:調整できないタイプもございます) ●低温下では点火しにくくなりますので、常温での着火テストを行なって下さい。 ●イグナイタープラグの先端と圧電先の隙間を3mm程度に調整してください。 ●ガスが多く出て勢いがある場合は着火しにくい場合がありますので、ガス量を少なく出して着火してください。 以上にて改善されない場合は、メーカーでの修理承りとなります。
ガス器具のパーツは、ガス検法の兼ね合い上ユーザー側でのメンテナンスを推奨致しておりませんので、それに伴ない販売致しておりません。
未使用、キャップをした状態ではLPガス自体の成分は変化しません。 問題は容器ですが、保管状態・場所により錆が出て漏れの原因になる場合があります。 またキャップをせずに保管すると、バルブ内のゴムが紫外線などの影響により変質する場合がありますので、 必ずキャップをして、高温多湿を避け40℃以下の冷暗所に保管してください。
To Top