PRIMUS(プリムス) 153ウルトラバーナー P-153 ガス式
入荷待ち

153ウルトラバーナー

商品説明

  • P-153は、プリムス・チタンバーナー(EX-ULT-2A)のデザインを引き継ぐ小型高出力バーナーです。燃焼部の改良により、従来機種よりパワーアップし、3600kcal/h(Tガス使用時)を達成。また収納寸法を殆ど変えずに4本五徳仕様とし使用時の安定性を向上させました。
  • 器具栓つまみを燃焼熱から守るために新たに遮熱板を追加。(※新仕様は遮熱板の追加以外はバーナー本体の変更箇所はありません。)

商品詳細

  • ゴトク径:大148mm/小90mm
  • 収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm
  • 本体重量:116g(遮熱板含む)
  • 最高出力:(4.2kw)3600kcal/h
  • ガス消費量:245g/h
  • 燃焼時間:約55分(IP-250サイズガス使用時)
  • ナイロンスタッフバッグ付属
  • 超小型ガスバーナー
  • トリガー式点火レバー
  • 延長五徳
  • バーチカルイグニッションシステム(自動点火装置)
  • 新開発の超軽量型バルブシステム
  • ※ガスカートリッジ(燃料)は別売です。
  • ※ガスカートリッジは必ず同メーカー専用カートリッジのご使用をお願いいたします。

バイヤーオススメコメント

ハイパワー!軽量!コンパクト!三拍子揃ったハイエンドモデル。エクステンション型X字五徳はコッヘルを乗せることによりバーナーヘッドを4区画に区切り、一つの区画の火が消えても他の区画は着火を保つ様に設計されており、強風下での使用を助けます。

メーカー品番

P-153

ナチュラム商品番号

500595

ジャンル

お客様レビュー
4.4レビュー件数:157件
初心者(1) 経験者(4)
40%
2
60%
3
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます
5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2018.08.18
masakazu5...様

コンパクトで軽量、主にソロキャンプ・登山にて使用していますが、 ファミリーキャンプでもチョットお湯を沸かしたり、 おつまみ料理を作る際に大活躍!!

5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2017.10.20
era3f...様

軽い 風に強い 音がでかいw やっぱプリムスですねー

4点

  • ご購入者様
  • 初心者
2017.02.03
yamayurip...様

これを買っておけば間違いないでしょう。 おすすめです。 トレック900ですと、強火MAXだと火がハミ出てしまうほど炎が広がります。 出来ればもう少し背の高さを低い造りにしてほしかったかと思います。 250サイズの缶だけでも安定していますが、缶の下にスタビライザー使っています。

4点

  • ご購入者様
  • 上級者
2016.05.15
kesi...様

強風の場合は153バーナー、少しの風が吹いている場合は173バーナーを使用しています。153と173を迷いかと思いますが通常のキャンプ場なら173をいつも使います。風が強ければクーラーボックス等を風よけにすれば十分です。153は火の当たる面積が小さいのでソロ鍋向きでファミキャンクッカー使用なら173。普通の天候なら173でも消えません。

4点

  • ご購入者様
  • 上級者
2015.12.07
prad0...様

ガスバーナーを沢山持っていますがプリムスだけが無かったので衝動買いです。

よくある質問
アウトドアガスカートリッジのタイプに関しては、他メーカーのカートリッジとの互換性はございません。 カセットボンベタイプに関しては、ガス検法及び製造物責任法上万一の事故の際、他社のボンベをご使用されての場合補償させていただくことが出来ません。 他メーカー同士での互換性についてのアドバイスも 差し控えさせて頂いております。何卒ご了承ください。
イグナイター(点火装置)の点火不具合が発生した場合は、下記の事をお試しください。 (※注意:調整できないタイプもございます) ●低温下では点火しにくくなりますので、常温での着火テストを行なって下さい。 ●イグナイタープラグの先端と圧電先の隙間を3mm程度に調整してください。 ●ガスが多く出て勢いがある場合は着火しにくい場合がありますので、ガス量を少なく出して着火してください。 以上にて改善されない場合は、メーカーでの修理承りとなります。
ガス器具のパーツは、ガス検法の兼ね合い上ユーザー側でのメンテナンスを推奨致しておりませんので、それに伴ない販売致しておりません。
未使用、キャップをした状態ではLPガス自体の成分は変化しません。 問題は容器ですが、保管状態・場所により錆が出て漏れの原因になる場合があります。 またキャップをせずに保管すると、バルブ内のゴムが紫外線などの影響により変質する場合がありますので、 必ずキャップをして、高温多湿を避け40℃以下の冷暗所に保管してください。
To Top