ACCEL(アクセル) セルロースセメント UV コーティング剤
完売しました

セルロースセメント UV

商品説明

  • 約2時間で乾燥するのでディッピングの間隔が短縮でき、作業効率がアップします。
  • 比較的うすい塗膜なので、塗装のムラができにくく重ね塗りをすることによって硬度の強い塗膜をつくります。
  • バルサ、ウッド材のルアーメイキングの下塗りに!ジグ、ジグヘッド、ラバージグのカラー塗装の下地に!ルアー、ジグなどのコーティングに使用できます!
  • 本剤を上塗りする事で、本剤の塗膜はもちろんカラーリングの塗膜も紫外線から守り、変色を防ぎます。

商品詳細

  • 容量:1000ml
  • 成分:ニトロセルロース、合成樹脂、有機溶剤、UV防止剤
  • 乾燥時間:夏期約2~3時間 冬期約3~4時間
  • 乾燥後にコンパウンドで研磨可能。
  • ドブ漬け以外にも、エアブラシを使用し、吹き付けでのコーティングも可能です。(ドブ漬け時には原液そのままで。吹き付け時には倍量の薄め液で希釈して使用して下さい。)

バイヤーオススメコメント

【ハンドメイドの定番中の定番UV配合で新登場!】ウッド素材にはこれがないと始まりません!下塗り用クリヤー塗料です。ここで手を抜いちゃうとひび割れの原因や強度、仕上がりまでひびきますので、あせらず丁寧にするのがコツです。

ナチュラム商品番号

516042

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:11件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2012.02.12
dhd1...様

スプレーだけではコーティングが薄く感じた為、購入しました。スプレーコーティング後に使用してます。仕上がりには非常に満足してます。購入して良かったです。


  • ご購入者様
  • 上級者
2011.09.06
nushih...様

メタルジグの保護用に使用しています ジグを買ってすぐに1回どぶ付けして、以降実釣後に傷が多い時に再度どぶ付けしています ウレタンコートを使う人が多いですが(私も以前はウレタンコートを使ってました)、1年経っても粘度は高くなりますがカチコチに固まるといった事は無く使用できています 強度も申し分ないです 唯一問題は容器の蓋が開けにくく閉めにくい上に容器の底が浅くて長いジグを漬けるのに厄介… なので100均でジャム用のパッキンが付いたガラス容器を買っていて中身を移し替えています 残量も見えていい感じですよ! お試しあれ


  • ご購入者様
  • 上級者
2011.05.14
reels...様

既製ルアーのドブ漬け用に購入しましたが既存塗装を溶かすことが大半で使えません。自作専用?


  • ご購入者様
  • 上級者
2011.05.07
doragons...様

綺麗にコーティングできて満足です。 下塗りも上塗りもできるのでこれ一つでいけます!


  • ご購入者様
  • 上級者
2010.09.20
kenken...様

匂いはするけど、窓を開けるなり換気すれば気にならなかったです。 使い勝手もいいし満足してます

よくある質問
希釈する事により、この状態も粘度調整が可能ですが、 過度に硬化すると黄色っぽくアメ状になってきます。 この状態ではいくら希釈しても透明度の高い美しいコーティングは行えません。 軽い硬化への希釈にはメーカー推奨の専用うすめ液をおすすめ致します。 硬化、劣化を最小限に防ぐには上下逆さまに瓶、缶を置いて保存する事をオススメ致します。 ※フタを下側にして置いておく。 しっかりとフタをしておきますと、フタと容器のスキマに進入したセルロースのみが硬化し、 完全に密閉した状態を保持可能です。 また、残り少ない状態になりますと、瓶、缶の中の空気量が増える為に、劣化が早まります。 早めの使いきりを行うか、小型の密閉容器への移し変えを推奨致します。
もちろん可能ですが、異なった材質の塗装の上に塗り重ねた場合は、 ぶつけた場合等に塗膜剥離が起こる場合があります。 強固に塗り重ねれるのは、セルロースの上にセルロース等の場合です。 上塗りをしながら下の塗装を溶かし、一体の塗膜を形成しながら重なる素材が非常に塗膜が強くなります。
セルロースセメントは、一般的に仕上げ塗装のコーティング時に、 ドブ漬けやスプレー(エアブラシ)での吹き付けによって行います。 希釈についてですが、ドブ漬け時には基本的に希釈せずにそのままお使いください。 希釈の必要性は、粘度の調整にあります。 粘度が低く、サラサラなセルロース程、一度のディップで出来る皮膜が薄く、 多くの繰り返しでのコーティングが必要になりますが、 精密な凹凸への対応が格段に良くなります。 また、開封後に時間が経過するとセルロース中の揮発成分が失われ、 粘度が高く、硬くなってきます。 希釈する事により、この状態も粘度調整が可能です。 希釈にはメーカー推奨の専用うすめ液をおすすめ致します。
To Top