スノーピーク(snow peak) ランドブリーズ5 SD-605 ファミリードームテント
完売しました

ランドブリーズ5

商品説明

  • ファミリーに最適なベーシックサイズの5人用ドームテント。ランドブリーズ5はインナーテントの地上高が150cm、ボトムが260cm四方に近い八角形のドームテントです。大人2人+子供3人が快適に就寝できるサイジングです。大人4人が快適に、5人での就寝も可能です。広い前室を有し、インナーテントに入れたくない汚れ物や濡れた物を置いたりと効力を発揮します。左右のベンチレーターやメッシュパネルにより換気を促し結露も軽減します。ファミリー向けのベストドームテントです。

商品詳細

  • フライシート材質:75Dポリエステルタフタ・70Dナイロンタフタ・PUコーティング・耐水圧1)800mmミニマム・テフロン撥水加工(初期撥水100点、5回洗濯後90点)UVカット加工
  • インナーウォール材質:68Dポリエステルタフタ
  • ボトム材質:75ポリエステルタフタ・PUコーティング・耐水圧1800mmミニマム
  • フレーム材質:超々ジュラルミンA7001(直径11.0mm・直径9.0mm)
  • セット内容:テント本体、本体フレーム長(×2)、本体フレーム短(×2)、ジュラピンペグ(17cm×23)、自在付ロープ(2.5m×4、2.0m×2、1.5m×2、0.7m×4)、シームシーリング剤、フレームケース、ペグケース、リペアパイプ、キャリーバッグ、取扱説明書
  • 収納ケースサイズ:60×24×24(h)cm
  • 重量:8.20kg
  • フライシートカラー:ベージュ×グレー
  • 本体カラー:クリーム×ブラウン

バイヤーオススメコメント

フライシートにUVカット加工を施した2003モデル登場!ドームテントの最高峰ランドブリーズシリーズは、最高品質はもちろん、素材、形状、装備に至るまで、これだけ日本の気候に合わし、こだわり尽くしたテントを作るなんて、さすがはスノーピークさん!

メーカー品番

SD-605

ナチュラム商品番号

558239

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:8件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2010.08.12
namm...様

家族5人用のテントを購入しました。 ポイントがかなり付いてお得感ありありです。 リビシェがあるので早くトンネルを使って合体させてみたいです。(^^)


  • ご購入者様
  • 上級者
2010.07.27
yukin...様

ポイント70%だったので、ついつい購入してしまいました。 廃盤とは言え、スノーピークでここまでのポイント還元は 今までになかったと思います。非常にお得に買えました。 肝心の使用感は、やはりスノーピークです。 軽い。丈夫。コンパクト。 収納サイズのコンパクトさは特筆すべきものです。 5人用テントでありながら、持ち運びも苦にならない重量。 それでいて耐風性も高い。UV加工もある。 通常価格でもコストパフォーマンスは高いと思います。 アメニティドームも検討しましたが、長い目で見ると どのみちランドブリーズにステップアップすると思います。 ならば最初からランドブリーズにしようと思った矢先に この大ポイント還元でした。ナチュラム様様です。


  • 上級者
2010.03.30
kimih...様

8年ほど前に、ランブリ5を購入しました。現在も、ファミリーキャンプのメインテントです。 ボクは信者ではありませんが(汗)純粋に道具としての評価を。ご購入前の参考までに。 購入時の家族構成:大人2名+小学低学年児+幼児 ボクは、ファミリーキャンプと言えども、キャンプ道具にある程度の「強度」を求めます。何せ相手が自然ですから。一度不機嫌になると、手が着けられません。それも関係していますが、更に「設営のし易さ」と「居住性」。「重量」はファミリーキャンプであれば、担いで山を登るわけではないので、あまり気にする必要はないでしょう。それらを、適度に網羅しているテントって、実は幾つもありません。 「強度」、「設営のし易さ」。この二点に絞れば山岳テントがベストです。ただ、「居住性」を確保できません。逆に、「居住性」を優先したファミリーテントだと、今度は「強度」、「設営のし易さ」を確保できません。 ランブリ5の「強度」: 4本のポールを巧妙に使ったジオデジック構造で、非常に耐候性が高いです。某外国M社の模倣だ、とも言われてますが(確かに)、強いものは強いです(笑)。頻繁にキャンプをしていると、様々な天候に出くわします。先日も、富士山の近くでキャンプをした際、猛烈な風雨に晒されました。風速35メートル以上の暴風と、猛烈な雨。深夜から10時間ほど続きましたので、撤収すらできません。そこには20組ほどのキャンパーがいましたが、朝方にはすべてのテントが倒壊していました。あたり一面、原型をとどめていないグニャグニャに潰れたテントと散乱した道具。もうそれは凄まじい光景です。そんななか、唯一残ったのが、ボクのランブリ5。ビクともせず、まったくの無傷でした。過去幾度かこのような状況を経験していますが、スノーピークのジオデジック構造は「なんちゃってジオデジック構造」ではなく、しっかり計算された設計なのでしょうね。幕体などの材質や縫製も良いのだと思います。 ランブリ5の「設営のし易さ」: ポール2本を使って本体を立ち上げる構造です。更に2本のポールで補強を入れます。設営は慣れれば一人で出来ます。流石にM社のムーンライトと同じようにはいきませんが、ポールも軽いですし、ファミリーテントの中では設営し易いテントだと思います。アルミ合金のなかでも最強強度を誇る7000番代のアルミ合金(俗に言うジェラルミン)をポールに使ってますので、かなりしっかりと張れます。テントでポールの材質は大切です。いろいろ研究されることをお薦めします。 ランブリ5の「居住性」: 数日分の家族4人分の着替袋を室内に持ち込み、その他諸々の小物袋も持ち込んだ上、シュラフ4本を並べて使用しています。空間的な不自由を感じたことはありません。高さは150cm程度ですから、大人が立ち上がることは出来ませんが、膝立ちで動くのには不自由しません。この全高を少し低く抑えていることも耐候性に寄与してると思いますが、ジオデジック構造というのは壁が急角度で立ち上がりますので、全体的な空間は広く、「居住性」は申し分ないと思います。ランブリ6では家族4人の使用は大きすぎます。 山岳テントとファミリーテントの中間に位置するようなランブリ5。何をテントに求めるかによりオプションも様々でしょうが、個人的にはお薦めのファミリーユースのテントです。 更に: スノーピークのアフターサービスはとても良いです。道具は必ず破損やメンテナンスの必要性が生じます。そんなとき、メーカーの対応力が重要になりますが、ここは気持ちの良い対応をしてくれます。


  • 上級者
2009.08.11
masa04...様

風の強い日の湖畔で張っても問題ありませんでした。高さが低いので風にはやはり結構強いようです。 設営も初めてでもさほど時間かからず2人で15分くらいで設営できました。 中はやはりメーカーが謳っている程の人数分の広さは感じません。 大人が快適に使うなら3人、ギリギリで4人かなという広さです。 ただ結露もなく、防水もしっかりしているので全体的には満足です。


  • 上級者
2009.07.03
r50terrano1...様

モナコベージュのSD-305から使っています。 ランブリ6と迷いましたが、大きすぎるのと真冬のキャンプにも使いたいので5にしました。 当時のランブリ5の外箱には、「全高を150cmに抑え風に強いバランスで設計、家族で楽しめる4シーズンテントです」と記載がありました。 実際、雪中キャンプで使いましたが、室内も広すぎず狭すぎず風にも強いので、安心して寝ていられました。 もちろん耐風性や保温性は、居住性を犠牲にした本格的な山岳テントには敵いませんが、オートキャンプで4シーズン使うにはベストのバランスだと思います。 最近、同社のアメニティドームと大きさが同じ位なので、比較されることも多いですね。大きさが同じ位なのに値段が違いすぎると・・・。 本体を構成するポールの本数も太さも違いますし、強度的な違いが値段の差なのですが、夏季メインの一泊ファミリーキャンパーでしたら、コストパフォーマンスの高いアメニティドームで十分だと思います。

よくある質問
ペグ、張り綱等を使用することによりある程度は対応可能ですが、基本的に風が吹いている場合は設置場所や設置の向きを工夫する必要があります。 また強風の際は設置を見合わせた方がよい場合もあります。 強風による破損、事故に関しては補償等ございませんので御注意下さい。
テント(タープ)付属のペグは簡易的な物となります。 使用環境・状況によっては使用が困難な場合があり、消耗品のため磨耗や破損も起こりえますので、予めスペアのご購入を推奨致します。 使用環境・状況に合わせて強度・性能に特化した高性能な商品も多数ございますのでご検討下さい。
テント・タープ付属のハンマーに関しましては、交換・返品対象外となっており、修理に関しても行なっておりません。 付属のハンマー簡易的な物ですので、十分にペグ打ちできない場合もございます。 使用環境・状況に合わせた性能・強度の高いハンマーを別途ご購入検討頂きます様お願い致します。
大型のキャンプ用品は、ほとんどが屋外で撮影されており、その時の天候や光の当たり具合で発色が異なります。 実物のカラーをモニター上で忠実に表現することは難しいところでございますので、その点をご了承の上でご検討下さい。
商品使用におけるショックコードの破損に関しましては、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 市販のショックコードをお買い求めの上、ユーザーにて修理を行なって下さい。 ショックコード収納の際に、端から順に折り曲げられますと、徐々にコードの伸びにゆとりがなくなり、ジョイント部での断線や、ポール内部の止め金具の抜けが発生致します。 継ぎ数の多いポールの場合は、中央辺りから半分ずつになるように折り曲げて、出来るだけショックコードにテンションがかからないように収納を行なって下さい。
商品使用におけるポールの破損に関しての保証は、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 風のある時の使用には、十分お気をつけ下さい。 ジョイント部の破損は、差込み不十分によるものがほとんどです。 しっかり差し込まれているのを確認して設営を行なって下さい。
『結露』とは暖かい空気が冷たい空気(物)と接して、暖かい空気側の幕に水滴が付着することをいいます。 これは、暖かい空気中に含まれている水分が急激に冷やされて露となって付着したもので 暖かい空気の湿度が高く、温度差が激しいほど、結露はひどくなります。 テントの場合ではフライシート・内幕・グランドシートの内側に、タープの場合は内側に結露が生じます。 ▼対策 ・換気を十分に行う。温度差をなくす。 ・通気性を高める。 上記を行うことによって結露を軽減することができます。 ベンチレーターなど機能をご利用ください。 ▼注意:1 結露によりテント(タープ)の内側に付着していた水滴が、 急な雨などにより、 フライシート(タープ) 外側からたたかれて落ちてくる場合があります。 ▼注意:2 防水加工をしていない生地や、透湿性防水素材(ゴアテックスなど)は結露を軽減させることが可能ですが、 完全に防止することはできません。
To Top