ナンガ(NANGA) オーロラ750DX AUR-L750DXBLK ウインター用
完売しました

オーロラ750DX

商品説明

  • 表生地にオーロラテックス(多孔質ポリウレタン防水コーティング素材)を使用いたしておりますのでシュラフカバーなしでそのままご使用いただけます。冬期一般登山用。2000m級の冬山まで対応するオールシーズンモデルです。【車中泊】【仮眠】【車内泊】【防災】【非常用】【防災用品】【防災用】【災害対策】【緊急用】

商品詳細

  • 表地素材:オーロラテックス
  • 裏地素材:40dnナイロン
  • 内部構造:ボックス構造
  • サイズ:最大長228×最大肩幅85cm(身長185cmまで)
  • 収納サイズ:直径21×36cm
  • 総重量:1420g
  • ダウン量:770g
  • ダウンについて:国内で洗浄したポーランドマシンピックホワイトダックダウン90-10%を使用いたしております。
  • フィルパワー:725FP
  • 快適使用温度/使用可能限界温度:-16~/-35度
  • 付属品:ショルダーウォーマー付

メーカー品番

AUR-L750DXBLK

ナチュラム商品番号

695999

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:4件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2014.04.07
takayasu0...様

平地でのキャンプではこれ以上は必要ないくらいの暖かさです。 5度を超えると逆に暑いくらいなので、登山者やとても冷え性な方でもない限り600の方でいいかと思われます。 袋の方はコツをつかめば余裕がある方です。畳んで入れようとするのはほぼ無理なので押し込むべきです。 使用前と使用後の仕舞寸法は変わるので、余裕のあるパッキングをしましょう。


  • ご購入者様
  • 上級者
2013.11.06
tomta...様

まだ冬山では使用していないが、十分暖かそう。スタッフバッグに入れにくいとの評価もあったが、そうでもなき簡単に収納できた。またコンプレッショんバッグを使うとかなり圧縮(付属のスタッフバッグの半分近い容積)できるので、山へはコンプレッションバッグで携行したい。


  • ご購入者様
  • 上級者
2013.06.20
redeyes1...様

ウィンタースポーツで冬の車中泊(標高1400mくらい?)に使ってます。 車内の水などはガチガチ凍りつくくらい冷え込みますが、 シュラフの中はぬくぬく暖かいですね。 少し収納袋に入れるのにコツがいるのが難点。 普段はストレージバッグをメインの収納にして使ってます。


  • ご購入者様
  • 上級者
2009.11.11
yosshy...様

暖かさについては、申し分ありませんので、割愛しますが、氷点下の外気温の中、Tシャツ1枚で充分寝れます。(地熱についてはマットなどで対処すればより快適です よく比べられる、モンベルの0番との比較を。 【モンベル】 ・丸めるとき、普段の使用時、毛が出てきます。長く使用すればするほど出やすくなります。 ・一部のニューモデルは解消されましたが、ファスナーが噛みこみやすいです。 ・肩口の作りが甘く、極寒時は肩から冷気が入ってきます。 ・「快適温度」+10℃が本当の快適温度ではないでしょうか。 【ナンガ】 ・とにかく収納しにくいです。要練習ですね。 ・意外にでかいです。ま、750ロングなんで仕方がないですが。 ・価格が・・・決して安くはないですよね。 ・「快適温度」+5℃が本当の快適温度ではないでしょうか。 真冬にキャンプをする方でなければ、このようなスペックは不要だと思います。ですが、登山の途中の山小屋や、冷寒時にキャンプをするのであれば、持っておいて損はないアイテムです。

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=906364
よくある質問
シュラフのサイズは、完成品ですと縫製の具合で個体差が発生しますので、元の生地の規格を目安としています。 詰め物や縫製の具合によっては10cm程の差が出る場合がありますが、不良の対象とはなりません。
使用後は汗などの水分で湿気を含んでいますので、より長持ちさせるためには使用後の手入れと保管が大切です。 シュラフを裏返しにして風通しの良いところで陰干しをして下さい。もし日干しをされる場合は乾燥している時間帯に短時間、表と裏を平均して干してください。(長時間日にあてると生地の劣化を早めます。) シーズンオフやしばらく使用しないときは、収納袋から取り出して湿気の少ないところに大きめのストリージバック等に入れて保管してください。
To Top