シマノ(SHIMANO) スコーピオンXT 1500 09 スコーピオン XT 1500 遠心ブレーキタイプ
完売しました

スコーピオンXT 1500

商品説明

  • アングラーの熱い思いに応えて。
  • XT(エクストラチューン)として復活、スコーピオンXT1500シリーズ。
  • 発売以来、未だに熱狂的なファンを生み続け、伝説のリールとしての評価を得たスコーピオン1500/1501。そのスコーピオン1500/1501がアングラーの熱い思いに応えて、スコーピオンカラーを纏ったスコーピオンXT1500/1501として遂に復活。ナイロンライン16lb.を120mストックできる十分なラインキャパシティをもちながらも、ボディサイズはコンパクトに設計。さらに、自重も210gまで軽量化しました。ギア比6.3のモデルに加えて、ハンドル1回転の最大巻上長75cmを誇るギア比7.0のモデルをラインナップ。その仕上がりは新時代のスコーピオンXTというにふさわしいものです。

商品詳細

  • ギヤ比:6.3
  • 最大ドラグ力:44.1N/4.5kg
  • 自重:210g
  • ハンドル長:42mm
  • ナイロン糸巻量:3号165m、3.5号145m、4号120m、5号100m
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):67
  • スプール寸法:径34mm、幅25mm
  • ベアリング数:5個
  • S A-RBローラー:1個
  • A-RBローラー:1個
  • A-RB(ピニオンギア軸のみ)
  • Super SHIP
  • ドライブギアは超高強度真ちゅうを採用し、耐久性向上
  • 超々ジュラルミンを採用したマグナムライトスプール
  • クリック付きドラグ機構
  • スーパーフリースプール
  • 軽量SVS(可変遠心力ブレーキ)
  • スーパーストッパーII

バイヤーオススメコメント

T(エクストラチューン)として復活、スコーピオンXT1500シリーズ。
発売以来、未だに熱狂的なファンを生み続け
伝説のリールとしての評価を得たスコーピオン1500/1501。

そのスコーピオン1500/1501がアングラーの熱い思いに応えて
スコーピオンカラーを纏ったスコーピオンXT1500/1501として遂に復活。

ナイロンライン16lb.を120mストックできる十分なラインキャパシティをもちながら
ボディサイズはコンパクトに設計。さらに、自重も210gまで軽量化しました。

メーカー品番

09 スコーピオン XT 1500

ナチュラム商品番号

711869

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:36件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • 上級者
2015.08.08
shibuya431...様

以前から購入を検討していたのですが、セールとなったため、購入しました。やはりシマノ製品でつくりがしっかりとしており、デザインもよく、今後の使用が楽しみです。


  • ご購入者様
  • 上級者
2015.03.16
noanoa...様

巻きやすくてとても飛距離も出て最高でした


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.03.24
cgggc...様

よく飛ぶ。けど開けたときハンドルを回すとシャーと音が。ま、いっか。 もうすぐ新型が発売されるけどワタクシはXTでいきますよ!


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.02.23
hoshikawa0...様

ハイエンドモデルではないですが、長年の歴史を持つ安定した優秀なリールです。コストパフォーマンスにとてもすぐれていると思います。サンデーアングラーにはちょうど良いかもしれません。


  • ご購入者様
  • 上級者
2012.08.15
okazaki19990...様

スコーピオンXTで残念なのは1000、1500共にメカニカルブレーキのネジピッチが荒くて微調整し難いこと。 自分の場合はここさえ改善されれば上位モデルを購入する必要は無くなります。

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=711869
よくある質問
基本的にはリールに保証書はついておらず仕様規格欄に保証書付属と記載されていない商品には付属されておりません。
申し訳ございません。ラインを巻きつけての出荷は行っておりません。
同一メーカー製品同士であれば確認を行なうことは出来ますが、他社製品同士または輸入品につきましては確認を行なうことが出来ません。 リールとロッドは取り付け部形状の共通規格が無く、適合しない場合がございますので、予めご了承下さいませ。
To Top