モンベル(montbell) クロノスドーム4型 #1122374 ツーリング&バックパッカー
完売しました

クロノスドーム4型

商品説明

  • ポールを直角に交差させるという独自のバーティカル・クロス・システム(特許申請中)の採用で広い居住空間を可能にした3シーズン対応のテント。ショックコードでポールとソケットが、一体となっているので素早い設営・撤収が可能です。抜群の通気性も備えるので、ツーリングやトレッキング、バックパッキングなどにも幅広く使えます。本体用とポール用のスタッフバッグが付属します。

商品詳細

  • テント本体素材:70デニール、ナイロン、リップストップ(通気撥水加工)
  • フライシート:75デニール、ポリエステル、タフタ(耐水圧1500mmウレタン、コーティング)
  • グラウンドシート:70デニール、ナイロン、タフタ(耐水圧2000mmウレタン、コーティング) 
  • ポール:7001アルミ合金
  • 本体重量:3.4kg(3.8kg)※( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量です。
  • サイズ:
  • サイズ:床面210cm×240cm、高さ123cm、
  • 収容人数:3~4人
  • 収納サイズ本体:直径20cm×45cm ポールバッグ:直径9×53cm
  • 構成:テント本体1、フライシート1、本体ポール1本、張り綱6本、ペグ16本
  • 特徴:
  • バーティカル、クロス、システムの採用で広い居住空間を確保
  • ポールとソケットが一体となり設営が容易
  • 入口と対面上部のメッシュ地により抜群の通気性を実現

メーカー品番

#1122374

ナチュラム商品番号

859768

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:14件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2012.01.02
jim_jim_b...様

コールマンやスノーピークのテントと迷いましたが、設営が簡単そうなので購入しました。 実際設営してみましたが、テントをまったく張ったことがない私でも20分もかからず設営できました。


  • 上級者
2010.08.16
nakaj...様

お盆の時期に巾着田の川原キャンプで使いました。 夜に雨に降られましたが翌日の天気でさっぱりすっきりと乾かせました。 あまり宣伝していないようですが、クロノス4の両サイドの入り口は全開放で付属のポケットに収納できます。 そうすると開放感あふれるテントになり、まるでコールマンのスクリーンシェードのように夏のアイテムになります。 風通しもよく自然に触れられます。 エクスプローラーEX-777XPを天井からつるし夜に読書をしていると4人用のテントを一人で使用していからかつい手足を伸ばしたくなります。 電車と歩きできましたが背負える重さです。 いいテントですね。


  • ご購入者様
  • 上級者
2010.06.21
gumaru0...様

緑色のメジャーブランドから乗り換え。 設営&撤収が容易な事 軽さを求めました。テント内で家族でまったり過ごす事など無くもっぱら眠るだけの場所なので広さは必要としていませんでした。 本当に軽くて 設営撤収も簡単 思っていたよりも充分な広さで大満足です。 ちなみに家族4人(大人2、小学生2)です。


  • 上級者
2010.03.01
trout0...様

とりあえず良い点と悪い点を挙げてみると。 良い点 ・ツーリングテント並にコンパクトな収納状態ですが、広げると大人3人が余裕で横になることができる広さです。 ・通常のドーム・テントよりもポールの数が少ないので、設営と撤収が非常に楽です。自宅での手入れも楽です。 ・吊り下げ式なので、ポールをスリーブにとおす必要がなく、狭い場所でも設営できます。 ・フライシートだけで自立します。サンシェードのような使い方もできますし、雨の日はインナーを濡らさずに撤収できます。 ・両サイドにメッシュ付きの出入り口があるので、通気性は抜群です。 ・一流メーカーのテントにしては、値段も手ごろです。 ・メーカーのアフターケアがしっかりしています。 悪い点 ・色の選択肢が無い。 以上、今まで色々なテントを使ってみましたが、最も使い勝手のいいテントでした。ゴテゴテした多機能テントに疲れた方に是非ともお勧めです。


  • 上級者
2009.12.01
taichanb...様

つづき(3回目) まず重量差が約1キロありますが、実際手にとったところさほど違いを感じませんでした。自分の体重を減らせばよいということで、この重量差は問題にしませんでした。むしろ大きく違うのは収納時の大きさです。というのも、ステラの収納袋はコンパクト重視なのでキツキツですが、クロノスは入れやすさ重視でゆとりがあるので、袋の中で幕体が膨らんでいます。そのため、実際のテントの大きさ以上に収納時の大きさが違うことになります。インナーの広さは、クロノスで大人2人、5歳と3歳の子供のいる我が家には十分な広さです。荷物もインナーに置くことができます。また、前室の数と広さもクロノスが有利。しかも前室の形状が台形なので、ステラに比べて多くの荷物が置けます。4人となると荷物も多いので、これは大きな相違点になります。通気性の点ではクロノスが圧倒的に有利。インナーが吊下げ式なのでフライとインナーの間の空気が流れやすい、フライとインナーの距離が大きい、両サイド入り口の上半分をメッシュにできる、両サイドにベンチレーターがあるというのがクロノスの通気性を確保しています。反面保温性はステラより劣りますが、低地でも使用したいこと、暑さが苦手なこと、積雪期の山登りはしないこと、寒さはシュラフ等でカバー可能ということで、私にはクロノスが合っているようです。ポールの耐久性が高いというのもポイント。あと、やはり価格差がだいぶあるというのもクロノス有利。 ということで、我が家はクロノスに決定しました。カラーリングについてはどちらもイイと思っております。(^0^) ところでクロノスのウリであるバーティカルクロスシステムですが、4型はそもそも正方形に近いのであまりメリットはありません。せいぜい、ポールが全部つながっているということくらいでしょうか。 クロノスでキャンプの幅が広がる予感がします。これからのキャンプがますます楽しみです(^ー^) おわり(お付き合いいただき有難うございました)

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=859768
よくある質問
ペグ、張り綱等を使用することによりある程度は対応可能ですが、基本的に風が吹いている場合は設置場所や設置の向きを工夫する必要があります。 また強風の際は設置を見合わせた方がよい場合もあります。 強風による破損、事故に関しては補償等ございませんので御注意下さい。
テント(タープ)付属のペグは簡易的な物となります。 使用環境・状況によっては使用が困難な場合があり、消耗品のため磨耗や破損も起こりえますので、予めスペアのご購入を推奨致します。 使用環境・状況に合わせて強度・性能に特化した高性能な商品も多数ございますのでご検討下さい。
テント・タープ付属のハンマーに関しましては、交換・返品対象外となっており、修理に関しても行なっておりません。 付属のハンマー簡易的な物ですので、十分にペグ打ちできない場合もございます。 使用環境・状況に合わせた性能・強度の高いハンマーを別途ご購入検討頂きます様お願い致します。
大型のキャンプ用品は、ほとんどが屋外で撮影されており、その時の天候や光の当たり具合で発色が異なります。 実物のカラーをモニター上で忠実に表現することは難しいところでございますので、その点をご了承の上でご検討下さい。
商品使用におけるショックコードの破損に関しましては、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 市販のショックコードをお買い求めの上、ユーザーにて修理を行なって下さい。 ショックコード収納の際に、端から順に折り曲げられますと、徐々にコードの伸びにゆとりがなくなり、ジョイント部での断線や、ポール内部の止め金具の抜けが発生致します。 継ぎ数の多いポールの場合は、中央辺りから半分ずつになるように折り曲げて、出来るだけショックコードにテンションがかからないように収納を行なって下さい。
商品使用におけるポールの破損に関しての保証は、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 風のある時の使用には、十分お気をつけ下さい。 ジョイント部の破損は、差込み不十分によるものがほとんどです。 しっかり差し込まれているのを確認して設営を行なって下さい。
『結露』とは暖かい空気が冷たい空気(物)と接して、暖かい空気側の幕に水滴が付着することをいいます。 これは、暖かい空気中に含まれている水分が急激に冷やされて露となって付着したもので 暖かい空気の湿度が高く、温度差が激しいほど、結露はひどくなります。 テントの場合ではフライシート・内幕・グランドシートの内側に、タープの場合は内側に結露が生じます。 ▼対策 ・換気を十分に行う。温度差をなくす。 ・通気性を高める。 上記を行うことによって結露を軽減することができます。 ベンチレーターなど機能をご利用ください。 ▼注意:1 結露によりテント(タープ)の内側に付着していた水滴が、 急な雨などにより、 フライシート(タープ) 外側からたたかれて落ちてくる場合があります。 ▼注意:2 防水加工をしていない生地や、透湿性防水素材(ゴアテックスなど)は結露を軽減させることが可能ですが、 完全に防止することはできません。
To Top