ナンガ(NANGA) ポーリッシュバック センターZIP 250DX スリーシーズン用
完売しました

ポーリッシュバック センターZIP 250DX

商品説明

  • ナチュラム別注モデル!
  • ダウン系のシュラフでは少ないセンタージッパータイプと配色パターンも今までにないものに仕上げています!
  • 『ナンガ』は滋賀県米原市に工場あり、熟練の職人がひとつひとつ丁寧に縫製しているシュラフです。
  • ナンガの原料羽毛は100%海外からの高品質原毛を輸入し、これらを最新設備を使い大量の清水と長年の確かな経験と管理の中で洗浄した国内精製羽毛です。国内精製羽毛は薬品処理などをしなくても高度な技術で天然素材である羽毛の性能を最大限に生かしています。
  • 『ナンガ』のダウンシュラフに関しては修理費無料で永久保証をしております。それは自社製品に対して自信があるからです。(詳しい情報はメーカーホームページにてお確かめください。)【車中泊】【仮眠】【車内泊】【防災】【非常用】【防災用品】【防災用】【災害対策】【緊急用】

商品詳細

  • カラー:上部/レッド、下部/ブラック、インナー部/オレンジ、ジッパー&ステッチ/ブルー
  • 表生地:30dnナイロンリップソフトコーティング加工
  • 裏生地:20dnナイロンシレ撥水加工
  • 羽毛:ホワイトダックダウン90-10%
  • 羽毛量:250g
  • 総重量:(レギュラー約580g)(ロング約610g)(ショート約560g)※各製品の重量につきましては製品完成後、改めましてご連絡いたします。
  • 収納サイズ:【レギュラー(約)直径15X25cm】【ロング(約)直径15×27cm】【ショート(約)直径15×25cm】※各製品でき次第、改めてご連絡いたします。
  • 内部構造:シングルキルト構造
  • 付属品:収納袋
  • 温度域:温度域快適温度 -1℃、限界温度 -6℃
  • フィルパワー:760FP
  • レギュラーサイズ:最大長210cm×最大肩幅80cm(身長175cmまで)
  • ロングサイズ:最大長228cm×最大肩幅80cm(身長185cmまで)
  • ショートサイズ:最大長203cm×最大肩幅80cm(身長165cmまで)
  • 日本製(MADE IN MAIBARA)

ナチュラム商品番号

878140

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:5件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • 上級者
2012.03.22
w1sa1...様

とても薄くて軽い。 初ダウンなので、これが良いのかわからないが大満足。 但し、胸元が寒い。


  • ご購入者様
  • 上級者
2012.02.28
kenji05...様

春先から夏の北海道、秋まで使用できるスリーシーズン用に購入しました。 ツーリングキャンプで使用するため、『軽さ』『温かさ』を重要視して選びました。 昨日、部屋内でシュラフで寝ましたが、寒さで起きることもなく快眠できました。 これは非常に重宝しそうです。大満足です。 同時購入したナンガのストレージバックに保管しています。 付属収納袋はかなり圧縮された状態なので、そのまま保管はおすすめしません。


  • ご購入者様
  • 上級者
2011.09.23
kurodai-...様

届いたばかりで、まだフィールドでは使用していませんが、家で少し使用してみました。 収納袋から出すと、羽毛が空気を含み、フワッと良い感じにふっくらします。 一晩寝た感じは、軽くて暖かい♪ センタージップも、使いやすく便利です。


  • ご購入者様
  • 上級者
2011.09.16
nagami1...様

キャンプや山小屋で使うため購入しました。 身長177cm/65kgの私ですが、レギュラーサイズで余裕を感じます。 また、センタージップもいい感じです。


  • 上級者
2011.09.11
c_t...様

ナンガの商品は二点目です。3シーズン充分に使えそうです。 ただ、購入した次の週に1000円OFFに…仕方ないです(^^

よくある質問
シュラフのサイズは、完成品ですと縫製の具合で個体差が発生しますので、元の生地の規格を目安としています。 詰め物や縫製の具合によっては10cm程の差が出る場合がありますが、不良の対象とはなりません。
使用後は汗などの水分で湿気を含んでいますので、より長持ちさせるためには使用後の手入れと保管が大切です。 シュラフを裏返しにして風通しの良いところで陰干しをして下さい。もし日干しをされる場合は乾燥している時間帯に短時間、表と裏を平均して干してください。(長時間日にあてると生地の劣化を早めます。) シーズンオフやしばらく使用しないときは、収納袋から取り出して湿気の少ないところに大きめのストリージバック等に入れて保管してください。
To Top