ナンガ(NANGA) センターZIPバック 600DX -8~-20度 ウインター用
完売しました

センターZIPバック 600DX -8~-20度

商品説明

  • ナチュラム別注モデル!
  • ダウン系のシュラフでは少ないセンタージッパータイプと配色パターンも今までにないものに仕上げています!
  • 『ナンガ』は滋賀県米原市に工場あり、熟練の職人がひとつひとつ丁寧に縫製しているシュラフです。
  • ナンガの原料羽毛は100%海外からの高品質原毛を輸入し、これらを最新設備を使い大量の清水と長年の確かな経験と管理の中で洗浄した国内精製羽毛です。国内精製羽毛は薬品処理などをしなくても高度な技術で天然素材である羽毛の性能を最大限に生かしています。
  • 『ナンガ』のダウンシュラフに関しては修理費無料で永久保証をしております。それは自社製品に対して自信があるからです。(詳しい情報はメーカーホームページにてお確かめください。)【車中泊】【仮眠】【車内泊】【防災】【非常用】【防災用品】【防災用】【災害対策】【緊急用】

商品詳細

  • 生地:30dnナイロンシレ撥水加工
  • 羽毛:ホワイトダックダウン90-10%
  • 羽毛量:600g※ロングサイズは羽毛量、総重量+20g
  • 総重量:レギュラー約1000g)※ロングサイズは羽毛量、総重量+20g
  • 収納サイズ:【レギュラー(約)直径17X31cm
  • 内部構造:ボックス構造
  • 付属品:収納袋
  • 温度域:温度域快適温度 -8℃、限界温度 -20℃
  • フィルパワー:760FP
  • レギュラーサイズ:最大長210cm×最大肩幅80cm(身長175cmまで)
  • ロングサイズ:最大長228cm×最大肩幅80cm(身長185cmまで)
  • ショートサイズ:最大長203cm×最大肩幅80cm(身長165cmまで)
  • 日本製(MADE IN MAIBARA)
  • ※発売当初の画像には、madeinジャパンの象徴として日本の国旗マークのタグが付いておりましたが、実際には付いておりません。現在は画像を修正しておりますが、付いていた画像を確認された上でご注文頂いたお客様。申し訳御座いませんでした。

バイヤーオススメコメント

日本製!永久保証がついてこの価格!】

ダウン製シュラフでこの価格はほんとうにお買い得です!!

更に!センタージッパー仕様となっており
利き手にとらわれることがない。
上下開閉可能で足だけ出して寝たり、お腹の部分は残しておいて寝れる。
足先が出せるので、車中泊等、靴を履いたまま椅子に座って使う事が出来る。

ジッパー仕様でとっても便利です!

オートキャンプ、バイク・自転車ツーリング、山登り/登山、車中泊等のお供にオススメです!

ナチュラム商品番号

878179

ジャンル

お客様レビュー
5.0レビュー件数:37件
初心者(0) 経験者(1)
100%
1
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2015.03.29
ksaito1...様

今冬のキャンプはこのシュラフのおかげで楽しめました。


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.12.25
hase5...様

なかなか暖かくて良いです!しかもこれだけの性能で収納はコンパクトです!


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.06.20
ryuu...様

さすが、ナンガ 値段以上の機能、只収納袋をもう少し大きくして入れやすくして欲しい様な気がします。 そうすれば運搬が大きくなり、不便か? まあどっちにしても買いでした。


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.02.23
yn071...様

色々と、調べた結果これに、決めました。 まだ使ってませんが車中泊と、山小屋泊に、使えそうです。


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.02.02
sekiguchi3...様

素早い対応で満足でした。

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=9927323
よくある質問
シュラフのサイズは、完成品ですと縫製の具合で個体差が発生しますので、元の生地の規格を目安としています。 詰め物や縫製の具合によっては10cm程の差が出る場合がありますが、不良の対象とはなりません。
使用後は汗などの水分で湿気を含んでいますので、より長持ちさせるためには使用後の手入れと保管が大切です。 シュラフを裏返しにして風通しの良いところで陰干しをして下さい。もし日干しをされる場合は乾燥している時間帯に短時間、表と裏を平均して干してください。(長時間日にあてると生地の劣化を早めます。) シーズンオフやしばらく使用しないときは、収納袋から取り出して湿気の少ないところに大きめのストリージバック等に入れて保管してください。
To Top