ナンガ(NANGA) オーロラ900DX -22~-37度 ウインター用
完売しました

オーロラ900DX -22~-37度

商品説明

  • これまでのコーティング素材にない優れた特性を実現。表生地にはオーロラテックス(多孔質ポリウレタン防水コーティング加工)を施したナイロン生地で防水性を高めると蒸気湿性が低下するという問題を解決した高レベルの防水透湿性能を持つ素材を使用しており、シュラフカバーなしでそのままご使用可能です。日本山岳会東海支部K2岳術登山隊に使用された実績あるモデルです。【車中泊】【仮眠】【車内泊】【防災】【非常用】【防災用品】【防災用】【災害対策】【緊急用】

商品詳細

  • 生地:表地=オーロラテックス、裏地=40dnナイロンタフタ
  • 内部構造:ボックスキルト構造
  • ダウン量:900g
  • サイズ:ショート=最大長203X最大肩幅80cm(身長165cmまで)、レギュラー=最大長210X最大肩幅80cm(身長175cmまで)、ロング=最大長228X最大肩幅85cm(身長185cmまで)
  • 収納サイズ:約φ20X37cm
  • 付属品:ショルダーウォーマー付
  • 総重量:約1550g
  • 快適使用温度/使用可能限界温度:-22℃~/-37℃
  • フィルパワー:760FP

ナチュラム商品番号

906368

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:5件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2014.10.30
shiget...様

多くのシェラフを持っていますが、冬用シェラフの最終形かなと思います。 真冬のキャンプ場でも、このシェラフがあれば特別な厚着もせずに問題無く寝ることが出来ます。 特に、首元のチューブ、ファスナーの折り返し、足元のダウンの量が多く使用されていることから 体温の保温及び外気のシャットダウンにより殆ど寒さを気にすることがありません。又、冬場に 問題となる結露による水滴の落下に対しても防水処理がされていることから問題ありません。 難点と言えば、収納がやや困難なこと収納後の大きさが大きいことかと思いますが、この暖かさを 考えれば、やむを得ないことと思います。値段的には、御高いですが買って正解でした。


  • ご購入者様
  • 上級者
2014.10.08
shionn777...様

夏のアルプスで使用しましたが暑いです(笑) モコモコ感がたまりません 冬は車中泊で使いましたがやっぱり暑い 商品としては最高です


  • 上級者
2012.06.17
shionn777...様

HPの写真と実際の物は違う 実際はナンガのHPの写真と同じ 試しに家の中で使用したがこの時期は暑すぎる ・・・が大きすぎる モンベルのコンプレッションバッグLがちょうど良い大きさで使用できるのであわせて購入したらどうか ただし3分の1程度の大きさにしかならない


  • ご購入者様
  • 上級者
2011.01.03
nat7...様

1年前に購入。キャンプと自宅等さまざまな環境で使用を繰り返した。生地やファスナーの縫製等しっかりしている。羽毛のはみ出しも無い。とても高品位で末永く使い込める安心感がある。


  • ご購入者様
  • 上級者
2009.12.11
gyucha...様

厳冬期用のシュラフが欲しいと思っていました。 コレはシュラフカバーを持たなくても使えるって~事でしたので!! 今まで化繊のシュラフしか使った事が無かったので・・・ 袋から出して膨らみ方に驚きました。 思った以上にふっくらするんですね~!! 肌触りもいい感じです。 確かにコレなら結構な温度までいけそうな気がします。 多少値段はお高いですが・・・ 寒くて眠れないってなるよりは良いかと思います。 眠れないのは一番疲れが抜けないので・・・ これは・・・ 他のモデルも欲しくなっちゃいますよ。

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=2166473
よくある質問
シュラフのサイズは、完成品ですと縫製の具合で個体差が発生しますので、元の生地の規格を目安としています。 詰め物や縫製の具合によっては10cm程の差が出る場合がありますが、不良の対象とはなりません。
使用後は汗などの水分で湿気を含んでいますので、より長持ちさせるためには使用後の手入れと保管が大切です。 シュラフを裏返しにして風通しの良いところで陰干しをして下さい。もし日干しをされる場合は乾燥している時間帯に短時間、表と裏を平均して干してください。(長時間日にあてると生地の劣化を早めます。) シーズンオフやしばらく使用しないときは、収納袋から取り出して湿気の少ないところに大きめのストリージバック等に入れて保管してください。
To Top