メジャークラフト PEエボリューション PE-902L 8フィート以上
完売しました

PEエボリューション PE-902L

商品説明

  • 今さら説明する必要は無いもしれないが、PEラインの登場によって、シーバスゲームと青物ゲームは、大きく変化した。PEラインその低伸度故の高感度および、ダイレクトな操作性。線の細さゆえの空気抵抗の少なさによる遠投性。その感度ゆえに細いラインを使用でき、キャッチ率の高さという安心感。この「PEエボリューション」は、未だにPEラインへの抵抗があるアングラーは、もちろん、そのメリットも存分に理解しているアングラーにも、さらなるステージへと導くロッド。

商品詳細

  • 長さ:9フィート
  • アクション:ライト
  • 2ピース
  • ライン(PE):0.6-1.2
  • ルアー(g):7-23
  • テーパー:RF
  • 特価品のため、保証書はつきません。予めご了承くださいませ。

バイヤーオススメコメント

PE専用モデルをもっと身近に!!

このコンセプトで始動した「PEエボリューション」シリーズは、

現在ソルトアングラーの間で必須アイテムになった「PEライン」専用設計ロッドです。

アングラーの対象魚に狙いを絞らず

どんな魚サイズ・引きに対しても高いパフォーマンスを見せる対ソルトアングラー用バーサタイルロッドです。

一本のロッドでさまざまな対象魚を狙うアングラーにオススメの逸品です。

ナチュラム商品番号

923272

ジャンル

お客様レビュー
4.5レビュー件数:14件
初心者(1) 経験者(3)
50%
2
50%
2
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます
5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2017.04.06
natu@m...様

2015年9月から使用していますが、いまだにトラブル無しです。 硬さはLですが、ねばりもしっかりしていて使いやすいです。

5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2016.11.15
jyer...様

古いロッドですが、ダブルフットの軽い傾斜がついたガイドでこの年代のロッドにしては使いやすいです。 スペック的にはシーバス用に思えますが、ガイドがダブルフットであったりハードバッドであったりと、青物をライトルアーで狙うのにも十分使えます。

4点

  • ご購入者様
  • 初心者
2016.08.01
su3460o...様

ナチュラム祭で低価格で購入しました。堤防からのルアー、サビキ釣に使用したいと思います。

4点

  • ご購入者様
  • 上級者
2016.07.24
hattar...様

ティップ1.5mm、バット11.4mm、実重137g。 リールシート位置は少し長めの約415mm。 ティップが細めなので小さいミノーも扱いやすいです。とは言ってもヤワではなく、利根川名物のメーター級レンギョを寄せるバットパワーもきちんとあります。グリップ形状もトゥイッチしやすいテーパー状です。 ウエーディングメインのため、グリップ長さはやや邪魔です。個人的にはソコだけ不満です。


  • 上級者
2015.09.22
k.masaki...様

このロッドは、1年前に購入しました。タチウオのワインド専用ロッドも持っていますが、シーバス専用ロッドを敢えて選択しました。9フィートで、Lのロッドですが、PEの振り抜けは抜群です。また、これまでドラゴンクラスのタチウオを3本ほど抜きあげることができました。先日、ワインドでタチウオを狙いに近郊の港湾で、70cmのサワラを初めて掛けることができました。始めは、シーバスかと思いましたが、かなり走り、底に突っ込む感じで、これまでに掛けたことのない魚であることが実感できましたが、浮かせてみると、何と念願の青物のサワラでした。PE0.8号、S社3000HGのリールに、25LBのフルオロカーボンリーダーとその先にワイヤーリーダーとE社のワーム(チャート色)0に1/2オンスのジグヘッドでのワインドでした。ワインド専用ロッドもいいけど、シーバスのLクラスの軽量なロッドも、中クラス青物が捕れることが証明できました。このロッドを使用した時には、大物がかかるというジンクスがあるようです。軽量かつ柔軟なテイップは、バラシを軽減します。コスパの優れたメジャークラフト社ならではのロッドだと思います。これから、ロッドを購入される予定の方は是非選択枝の1つとして考えてみてはどうでしょう。また、ベテランの方も上位機種に劣らない性能のあるこのロッドを使ってみてはどうでしょう。おそらく、その実力を実感できると思います。

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=923272
よくある質問
まず、ロッドは同じ製品でも表面の塗装の量やガイドやグリップ部を接着している樹脂の量で重さが数グラム単位で変動することをご理解下さい。これは市販されているロッドの塗装工程や組み立て工程のほとんどがクラフトマンによる手作業で行なわれているためで、全ての製品を同じ重さにすることが不可能だからです。 そのため、メーカーの公表しているロッドの重量は標準自重(生産されたロッドの平均重量)または設計自重(プロトタイプ完成時の重量)となっております。 当店ではメーカー公表値のあるものに関しては仕様規格欄に記載しておりますが、メーカー公表されていないロッド(特に低価格商品)に関してはお答えいたしかねる場合がございますが、予めご了承願います。 しかしながら、重くて釣りにならないロッドは当店では 取り扱い致しておりませんのでご安心くださいませ。
同一メーカー製品同士であれば確認を行なうことは出来ますが、他社製品同士または輸入品につきましては確認を行なうことが出来ません。 リールとロッドは取り付け部形状の共通規格が無く、適合しない場合がございますので、予めご了承下さいませ。
弊社では保証書への販売店印の記入は行なっておりません。 ご購入商品お届時に添付のナチュラムワランティ明細書が店印・販売証明の代わりとなりますので、製品保証書と合わせてナチュラムワランティ明細書を保管して下さい。 尚、ナチュラムワランティ明細書の再発行は承り致しかねます。紛失されないよう、ご注意下さい。 また、製品によっては保証書の無い商品もございます。予めご了承下さい。
申し訳ございません。ロッドに関しましてはパーツでの販売は行っておりません。 全てお預かりの上修理での対応となります。
To Top