ナンガ(NANGA) オーロラセンターZIP 350DX【別注モデル】 スリーシーズン用
完売しました

オーロラセンターZIP 350DX【別注モデル】

商品説明

  • 防水コーティング加工を施したナイロン生地、オーロラテックスを使用したナチュラムオリジナルカラーモデル【車中泊】【仮眠】【車内泊】【防災】【非常用】【防災用品】【防災用】【災害対策】【緊急用】

商品詳細

  • 表生地:オーロラテックス
  • 裏生地:40dnナイロンタフタシレ撥水加工
  • 構 造:シングルキルト構造
  • 羽 毛:DX(ヨーロピアンホワイトダックダウン90-10%)
  • 羽毛量:350g
  • 総重量:約900g
  • 温度域:快適温度-3℃、下限温度-8℃
  • 収納サイズ:φ15×25cm
  • レギュラーサイズ:最大長210cm×最大肩幅80cm(身長175cmまで)

バイヤーオススメコメント

「オーロラテックス」を使用し
防水機能を備えたナチュラム別注シュラフが登場っ!

そのレッドとブラックのCOOLなデザインに
「760FP」の最高品質ダウンを搭載!

ノーマルな350gのダウンシュラフに比べて

▼より暖かく

 650FPのダウンに比べて膨らむ力が強いので、
 同じダウン量でも暖かくなります。
 また、ダウンの最大の弱点である「濡れ」を
 防水生地により完全カバー!

▼より機能的に

 センタージッパー構造により、
 右手、左手どちらでもジッパーの開閉が可能。
 ジッパーの下側から足が出せるので
 移動や通気にも最適です。

進化を遂げました!
↓プラスこんなにコンパクト収納♪

※写真の赤色寝袋はオーロラセンターZIP 350DX【別注モデル】です
キャンプや登山、シーンを問わずオススメです。

ナチュラム商品番号

9923489

ジャンル

お客様レビュー
4.6レビュー件数:18件
初心者(3) 経験者(15)
61.1111111111111%
11
33.3333333333333%
6
5.55555555555556%
1
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます
4点

  • ご購入者様
  • 上級者
2019.12.18
tsun...様

冬季用のシュラフがほしくて購入しました。 ショルダーウォーマー、ドラフトチューブ等、寒さ対策がされているので、 気温0度前後なら特に寒さを感じるのはありませんでした。 更に低い気温の場合、 センターZIPなので使いやすいですが暖気が逃げやすいので、 インナーに何か工夫が必要です。

5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2019.03.31
srs...様

シュラフカバーを省いて軽量化する為に購入。夏の北海道ツーリング時はジップを全開にして布団代わりにして使用できた。

4点

  • ご購入者様
  • 上級者
2018.10.30
suic...様

175センチまで。少し余裕あるかと176センチの私が買ったら、やはりつま先伸ばすとやや窮屈感あり。 頭まですっぽりかぶると、マトリョシカのイラストくらいパツパツな感じ。 175センチ以上はロング買った方が良いんだな。 初ダウン寝袋。コンパクトになり最高! センターzipも楽だが、極寒地では足元やや寒くなりそうかな。

4点

  • 上級者
2018.09.16
sun_sawa1341...様

センタージップは使いやすいですが、反面寒いです。シングルキルトってのも寒い追い討ちなのかも。私は冬も使いますが、単品では無理です。インナーに夏用を入れてトータル500DX位にしてさらにモンベルダウンを着て寝てます。 良いところ ①なんといってもオーロラ生地 ②センタージップの使いやすさ ③シングルキルトなので収納コンパクト 考え方次第 ①シングルキルトなので結構寒い。 ②スリーシーズンの使用が妥当 ③冬は頑張れないw

5点

  • ご購入者様
  • 初心者
2018.08.31
clubma...様

コンパクトかつセンターZIPは、使いやすいです。

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=9923489
よくある質問
シュラフのサイズは、完成品ですと縫製の具合で個体差が発生しますので、元の生地の規格を目安としています。 詰め物や縫製の具合によっては10cm程の差が出る場合がありますが、不良の対象とはなりません。
使用後は汗などの水分で湿気を含んでいますので、より長持ちさせるためには使用後の手入れと保管が大切です。 シュラフを裏返しにして風通しの良いところで陰干しをして下さい。もし日干しをされる場合は乾燥している時間帯に短時間、表と裏を平均して干してください。(長時間日にあてると生地の劣化を早めます。) シーズンオフやしばらく使用しないときは、収納袋から取り出して湿気の少ないところに大きめのストリージバック等に入れて保管してください。
To Top