船釣りをされる方ライフジャケットのご準備はお済みですか?
ライフジャケット着用義務化

マリンレジャーの多様化により、海難事故防止のために2022年2月1日から船釣りの際のライフジャケット着用が義務化され、違反者には罰則が付与されます。
平成30年(2018年)2月に「船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則の一部を改正する省令」が公布され、原則小型船舶の甲板上では、乗船者にライフジャケットの着用が義務化されました。
令和4年(2022年)2月からは、違反者には罰則の付与が開始されました。(※遊漁船の場合、船長に違反点が付与されます) 正しくライフジャケットを着用して、船釣りを楽しみましょう。

船釣りをされる方ライフジャケットのご準備はお済みですか?ライフジャケット着用義務化

ライフジャケットの着用義務化とは?

2018年2月1日から桜マーク入りライフジャケットの常時着用が義務化されました。
小型船舶の船室外の甲板上では、原則すべての乗船者に桜マーク(国交省認定品)入りライフジャケットを着用させることが船長の義務となりました。(2022年2月1日以降、違反点2点が付与されます。)
違反点数が累積して行政処分基準(5点以上)に達すると、最大で6か月の免許停止となります

小型船舶や遊漁船におけるライフジャケット着用義務の範囲拡大

ライフジャケット着用義務化 ライフジャケット着用義務化

ライフジャケット着用者の海中転落時の生存率は非着用時の2倍以上です。船長の指示がなくても積極的にライフジャケットを着用しましょう。

法令対応のライフジャケット

国土交通省が試験を行って安全基準への適合を確認したライフジャケットには、桜マークがあります。
桜マークのあるライフジャケットを着用しなければ、違反となります。

ライフジャケット着用義務化

航行区域に合わせたライフジャケットを選びましょう

誤った着用をすると適正な性能を発揮できず大変危険です。説明書に従い、正しく着用しましょう。

ライフジャケット着用義務化

ライフジャケットの保管・定期点検

水感知タイプの膨脹式ライフジャケットのセンサーに湿気等が吸湿し、落水していなくても膨脹作動することがあります。特に寒暖差の激しい、夏場の車内で起きやすくなりますので適正な場所に保管しましょう。

ライフジャケット着用義務化
ライフジャケット着用義務化

ナチュラムオススメコンテンツ

To Top