ソロキャンプおすすめスタイル紹介!

実は今、ソロキャンプが人気になっているのを知っていますか?ソロキャンプと言えば玄人がしているイメージがありますよね。でも最近は動画やブログをみて、ソロキャンプをしてみたい!という初心者や女性などが多いそうです。

そこで今回はソロキャンプを初めてみようかなと思っている方やソロキャンプに興味がない方に、ソロキャンプの様々なスタイルがあることを少しでもお伝えできればと思い、まとめてみました。まずはソロキャンプのメリットから見ていきましょう。

なぜ人気?ソロキャンプ!

圧倒的な自由、それにつきます!

スケジュールを誰とも合わせる必要がない
何をするのも自由。何もしないのも自由。
日常からの開放

誰かと予定を合わせる必要がない、何かをするのも、「何もしない」のも自由。それこそがソロキャンプの醍醐味です!急いでテントを建てたりしなくてもいい。例えば何か失敗しても「まあいいか」と肩の力を抜いて失敗を楽しむのも自由なんです!

どんなスタイルで楽しむか?

身体一つでOK!バックパックスタイル!

バックパックスタイル全体図

バックパックの魅力はなんと言っても交通手段や場所を選ばないところ。木陰の下だと多少の雨なら、しのげるのでテントにこもらず伸び伸びできます。

バックパックスタイル移動の様子

移動は両手をあけるのが基本。だからソフトクーラーは肩掛けできるものが良し。キンキンに冷えた飲み物が飲みたいなら、移動中や設営中もできる限り、ソフトクーラーは日の当たらないように意識してあげましょう。

バックパックスタイル設営の様子

誰かと一緒にキャンプをすると、なぜか設営はテキパキしないといけないような気がしませんか?ソロだと自分のペースで設営できるので、ちょっと疲れたらチェアに座って一息つけるのも、ソロならではですよ。

バックパックスタイルくつろぐ様子

ソロキャンプではいつでも時間を忘れることができます。コーヒーをいれて休憩したり、テントから離れて景色を堪能してみたり。最初は慣れないかもしれませんが、そのうち楽しみ方をすべて自分で決められることがクセになりますよ。

バックパックスタイル使用道具画像

バックパックでいくなら軽量であればあるほど楽になります。しかしそこだけに気をとられると不便になる可能性があるので、バックパックの容量と相談しながら、自分の持っていきたいものをもっていくのが一番いいですよ。

使用したアイテムはこちら!

まずはバッグ!50L以上あるといいですね!

テントは1人用でも広めがGOOD!ペグ打ち用ハンマーも忘れずに

寝袋もコンパクトなものを。万が一にそなえて超小型ブランケットも◎

ソロキャンプで過ごす時間はイスの良さで決まる!焚火も外せません!

料理も簡単な道具で簡単に作りましょう!外メシ最高!

明かりと、万が一に備えたファーストエイドキットがあると安心です!

充実の道具で快適!車でソロキャンプスタイル!

車でソロキャンプスタイル全体図

ソロキャンプを始めるからと言って、今までファミリーキャンプで使っていた道具をすべて買い替える必要はありません。車を使えば、1人分の荷物は余裕をもって運ぶことができます。少しばかり荷物を多めにもって、ちょっぴり贅沢なキャンプサイトにしちゃいましょう。

車でソロキャンプスタイル設営の様子

家族とのキャンプだと設営する場所も見晴らしがいいところや人がいるようなところを選んでしまいますよね。ソロだと自分の好きな場所に好きなように設営できるのが魅力です。

車でソロキャンプスタイルくつろぐ様子

父親としての役割を忘れて、雑音のない一人の時間をゆっくり楽しみます。フェザースティックを作ったり、お酒を飲んで昼寝をしたり、自分のスタイルで楽しみましょう。

車でソロキャンプスタイル寝床

夏は虫対策としてインナーテントは必須。秋冬になればインナーテントを使わず、シェルターにしてコットで寝るのもいいですよ。また貴重品や大事なギアを車に入れておくことができるのも大きなメリット。非常時には、避難場所としても使えますね。

車でソロキャンプスタイル使用道具画像

パッキングが面倒な時もありますよね。そんな時、車だと大雑把に積載すれば問題ありません。ファミリーキャンプやグルキャンに比べると多少多く持って行っても、全然気になりませんよ。

使用したアイテムはこちら!

テントは快適性重視でOK!ペグにもこだわります!

寝床にコットを使えばより快適に!

快適チェアに腰を落ち着けて、焚火グッズも充実!

調理器具!お気に入りの銅のケトルも車なら楽々運搬!

ランタンも家族で使う大きめなものでOK!

持っていくと便利な小物たちです!

一人だからこそできるキャンプを、ぜひやってみてください!

一人だからこそできるキャンプを、ぜひやってみてください!

多人数でにぎやかなひとときを楽しむのもキャンプの魅力ですが、ソロキャンプでしかできないこともたくさんあります。そんなソロキャンプの世界に、飛び込んでみませんか?

To Top