ロゴス(LOGOS) ナバホTepee ブリッジヘキサ-AE 71806509 ウィング型(ポール:1~2本)
入荷待ち

ナバホTepee ブリッジヘキサ-AE

商品説明

  • TepeeテントにLINK可能
  • 左右非対称なので様々なレイアウト設定が可能
  • Tepeeテントの前室代わりやスペース拡張に最適
  • Tepee同士のLINKも可能
  • 高さ3段階

商品詳細

  • 素材:フレーム/スチール、シート/難燃性ポリエステルタフタ 耐水圧1600mm UV-CUT加工
  • 組立サイズ:(約)幅570/330×奥行435×高さ230/172.5/115cm
  • 収納サイズ:(約)幅66×奥行16×高さ16cm
  • 総重量:(約)4.3kg

メーカー品番

71806509

ナチュラム商品番号

2664340

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:1件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2015.05.19
kon...様

キャンプ歴4年、ヘキサタープ初使用者のレビューです。 ヘキサタープは過去に友人のモノの設営を手伝ったことがあり、手軽さと身軽さでずっと欲しかったのですが、ワンポールテントにブリッッジできるタイプを見つけて購入しました。 広さに関しては必要十分。高さについては、ヘキサなのでまあこんなもんだと承知していましたが、妻は、常に腰を曲げていなくてはならないと、やや不満げでした。(繰り返しますが、ヘキサなのでこんなもんです。) 使い勝手の面で他に気になったのは、ブリッジの強度。今回使用したテントはもちろん同社のナバホTepeeワンポールテントですが、ブリッッジ用の穴にテントのてっぺんを強く押し込みガイロープを強く張っても、少し強めの風が吹いて煽られると結合部分が滑って抜けるように外れてしまいます。穴の深さなどもう少し改善が必要かもしれません。 単独使用については問題なさそうです。柄も気に入っていますし、何よりテントとお揃いがいい。普段はドームテントを使うことが多いので単独使用の機会の方が多いかもしれませんが、気に入ってます。

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=2664340
よくある質問
ペグ、張り綱等を使うことである程度は対応可能ですが、 基本的に風が吹いている場合は設置場所や設置の向きを工夫する必要があります。 また強風の際は設置を見合わせた方がよい場合もあります。 強風による破損、事故に関しては補償等ございませんので御注意下さい。
テント(タープ)付属のペグは簡易的な物となります。 使用環境・状況によっては使用が困難な場合があり、消耗品のため磨耗や破損も起こりえますので、予めスペアのご購入を推奨致します。 使用環境・状況に合わせて強度・性能に特化した高性能な商品も多数ございますのでご検討下さい。
テント・タープ付属のハンマーに関しましては、交換・返品対象外となっており、修理に関しても行なっておりません。 付属のハンマー簡易的な物ですので、十分にペグ打ちできない場合もございます。 使用環境・状況に合わせた性能・強度の高いハンマーを別途ご購入検討頂きます様お願い致します。
大型のキャンプ用品は、ほとんどが屋外で撮影されており、その時の天候や光の当たり具合で発色が異なります。 実物のカラーをモニター上で忠実に表現することは難しいところでございますので、その点をご了承の上でご検討下さい。
商品使用におけるショックコードの破損に関しましては、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 市販のショックコードをお買い求めの上、ユーザーにて修理を行なって下さい。 ショックコード収納の際に、端から順に折り曲げられますと、徐々にコードの伸びにゆとりがなくなり、ジョイント部での断線や、ポール内部の止め金具の抜けが発生致します。 継ぎ数の多いポールの場合は、中央辺りから半分ずつになるように折り曲げて、出来るだけショックコードにテンションがかからないように収納を行なって下さい。
商品使用におけるポールの破損に関しての保証は、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 風のある時の使用には、十分お気をつけ下さい。 ジョイント部の破損は、差込み不十分によるものがほとんどです。 しっかり差し込まれているのを確認して設営を行なって下さい。
『結露』とは暖かい空気が冷たい空気(物)と接して、暖かい空気側の幕に水滴が付着することをいいます。 これは、暖かい空気中に含まれている水分が急激に冷やされて露となって付着したもので 暖かい空気の湿度が高く、温度差が激しいほど、結露はひどくなります。 テントの場合ではフライシート・内幕・グランドシートの内側に、タープの場合は内側に結露が生じます。 ▼対策 ・換気を十分に行う。温度差をなくす。 ・通気性を高める。 上記を行うことによって結露を軽減することができます。 ベンチレーターなど機能をご利用ください。 ▼注意:1 結露によりテント(タープ)の内側に付着していた水滴が、 急な雨などにより、 フライシート(タープ) 外側からたたかれて落ちてくる場合があります。 ▼注意:2 防水加工をしていない生地や、透湿性防水素材(ゴアテックスなど)は結露を軽減させることが可能ですが、 完全に防止することはできません。
To Top