Coleman(コールマン) コールマンヘキサ M 170T3250J ウィング型(ポール:1~2本)
完売しました

コールマンヘキサ M

商品説明

  • UVPROを使用しているため、紫外線を95%カットします。

商品詳細

  • サイズ:約440×440×230(h)cm
  • 重量:約4.1kg
  • 材質:(タープ)70Dリップストップナイロン/(ポール)スチールポール
  • 装備:ランタンハンガー×1
  • 付属品:ペグ・ハンマー・ロープ・収納ケース
  • 耐水圧:1200m

バイヤーオススメコメント

限られたキャンプサイトにジャストフィットするお手頃サイズのヘキサタープ4~6人向きです!

メーカー品番

170T3250J

ナチュラム商品番号

3179

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:7件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • 上級者
2005.04.10
noma...様

大きさも値段も手ごろなので、とりあえずタープが一つ欲しいと思ったときにはいい感じです。 ただし付属のペグは使いにくいし簡単に折れるので、ちょっと重いけど鉄製ペグを別に買った方が設営も撤収もすごく楽になります。


  • 上級者
2004.09.20
kawada1...様

豪雨にも問題なく耐えました。コストパフォーマンスは○ですよね?


  • 上級者
2004.04.03
ymi...様

サイズとか使い勝手はさすがコールマンだけあっていいです。ちなみに入っていたペグは黄色のプラスチック製でした。


  • 上級者
2003.09.13
aceb...様

初キャンプで使用しましたが、設営は簡単。大きさも家族4人で使用するには程よい大きさ。当日は生憎の雨でしたが、快適に過ごすことができました。ただ、シームシールに2、3箇所ヒビ割れがあり、そこから若干の雨漏りが・・・。


  • 上級者
2003.05.08
kaho...様

100㎡の区画サイトには適度な大きさで、使い勝手がよいです。コネクティングB.C.タープと連結させて使用しています。(B.C.タープ付属のキャノピーは側面に張り出しますので、サイトによっては広げることができない場合があります。)

よくある質問
申し訳ございません。製造年月ご指定の注文はお承りできかねます。
ペグ、張り綱等を使うことである程度は対応可能ですが、 基本的に風が吹いている場合は設置場所や設置の向きを工夫する必要があります。 また強風の際は設置を見合わせた方がよい場合もあります。 強風による破損、事故に関しては補償等ございませんので御注意下さい。
テント(タープ)付属のペグは簡易的な物となります。 使用環境・状況によっては使用が困難な場合があり、消耗品のため磨耗や破損も起こりえますので、予めスペアのご購入を推奨致します。 使用環境・状況に合わせて強度・性能に特化した高性能な商品も多数ございますのでご検討下さい。
テント・タープ付属のハンマーに関しましては、交換・返品対象外となっており、修理に関しても行なっておりません。 付属のハンマー簡易的な物ですので、十分にペグ打ちできない場合もございます。 使用環境・状況に合わせた性能・強度の高いハンマーを別途ご購入検討頂きます様お願い致します。
大型のキャンプ用品は、ほとんどが屋外で撮影されており、その時の天候や光の当たり具合で発色が異なります。 実物のカラーをモニター上で忠実に表現することは難しいところでございますので、その点をご了承の上でご検討下さい。
商品使用におけるショックコードの破損に関しましては、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 市販のショックコードをお買い求めの上、ユーザーにて修理を行なって下さい。 ショックコード収納の際に、端から順に折り曲げられますと、徐々にコードの伸びにゆとりがなくなり、ジョイント部での断線や、ポール内部の止め金具の抜けが発生致します。 継ぎ数の多いポールの場合は、中央辺りから半分ずつになるように折り曲げて、出来るだけショックコードにテンションがかからないように収納を行なって下さい。
商品使用におけるポールの破損に関しての保証は、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 風のある時の使用には、十分お気をつけ下さい。 ジョイント部の破損は、差込み不十分によるものがほとんどです。 しっかり差し込まれているのを確認して設営を行なって下さい。
『結露』とは暖かい空気が冷たい空気(物)と接して、暖かい空気側の幕に水滴が付着することをいいます。 これは、暖かい空気中に含まれている水分が急激に冷やされて露となって付着したもので 暖かい空気の湿度が高く、温度差が激しいほど、結露はひどくなります。 テントの場合ではフライシート・内幕・グランドシートの内側に、タープの場合は内側に結露が生じます。 ▼対策 ・換気を十分に行う。温度差をなくす。 ・通気性を高める。 上記を行うことによって結露を軽減することができます。 ベンチレーターなど機能をご利用ください。 ▼注意:1 結露によりテント(タープ)の内側に付着していた水滴が、 急な雨などにより、 フライシート(タープ) 外側からたたかれて落ちてくる場合があります。 ▼注意:2 防水加工をしていない生地や、透湿性防水素材(ゴアテックスなど)は結露を軽減させることが可能ですが、 完全に防止することはできません。
To Top