PRIMUS(プリムス) P-172 ハイパワーバーナー P-172 ガス式
完売しました

P-172 ハイパワーバーナー

商品説明

  • プリムス・シングルバーナーのフラッグシップモデル「P-171」のニューバージョン。進化した最強ストーブ「P-172」。
  • プリムスが世界で初めて採用したトリガー式点火装置(バーチカル(垂直)・イグ二ッション・システム)を取り入れ、スタイリッシュでシンプルなデザインに仕上がっています。もちろんプリムス伝統の「X字ゴトク」を装備し、風防効果を兼ね備える延長ゴトクが標準装備されています。
  • 最高4,200kcal/hの高出力は、320個の炎口からつくり出されます。

商品詳細

  • 出力:4,200kcal/h(U型ガス使用時)
  • ガス消費量:268g/h
  • 燃焼時間:約50分(IP-250タイプガス使用時)
  • ゴトク径:最大190mm/最小110mm
  • 収納サイズ:8.8X8.0X7.8cm
  • 本体重量:190g
  • 自動点火装置付
  • ナイロンスタッフバッグ付属※ガスカートリッジは別売です。

メーカー品番

P-172

ナチュラム商品番号

458264

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:7件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2013.06.30
purimus...様

後輩に頼まれて購入。火力は十分。コンパクトさはP-153にはもちろんかないませんが、そんなに大きいという気もしません。


  • ご購入者様
  • 上級者
2010.01.12
tootokak...様

シングルバーナーの購入は2台目となります。 1台目は風に弱かったですが このバーナーいいですね・・・・ 風に強い(^^) 火力が強いので、水もすぐ沸いてとても重宝しております。


  • ご購入者様
  • 上級者
2009.08.22
to0...様

人気のあるP-153と迷いましたが、 1.172でも十分小さく持ち歩ける。 2.最大に広げた時の五徳の直径が大きくてファミリーキャンプの鍋サイズでも安心の安定感。 3.火力の強さと吹き出しの広さ 153購入の前に一度考えて見てください。お勧めです。


  • ご購入者様
  • 上級者
2009.08.19
hata1...様

これまでは、主にホワイトガソリンツーバーナーを使用していましたが、結構かさばるので、長期滞在時はいいのですが、1泊程度のキャンプでは準備などが億劫でした。 そこで、カートリッジガスのシングルバーナーが2つあればツーバーナーと同じと考え、購入を検討しました。 まず、燃料がどこにいっても購入しやすいことを考え、メーカーはプリムスにしました。P-153ウルトラバーナーと迷いましたが、五徳が大きく安定していることと、火力の大きさで、P-172に決めました。 使ってみると、比較的大きな鍋を載せても安定していますし、4人程度の調理には十分な火力があります。気分的にもP-172とカートリッジを車に放り込み、気軽にキャンプに出かけられるようになりました。


  • ご購入者様
  • 上級者
2009.07.05
bemanar3...様

このコンパクトさと火力にひかれて購入! ちょっとしたハイキングにも携帯しています! 使い勝手も最高、安定性も抜群です!

よくある質問
アウトドアガスカートリッジのタイプに関しては、他メーカーのカートリッジとの互換性はございません。 カセットボンベタイプに関しては、ガス検法及び製造物責任法上万一の事故の際、他社のボンベをご使用されての場合補償させていただくことが出来ません。 他メーカー同士での互換性についてのアドバイスも 差し控えさせて頂いております。何卒ご了承ください。
イグナイター(点火装置)の点火不具合が発生した場合は、下記の事をお試しください。 (※注意:調整できないタイプもございます) ●低温下では点火しにくくなりますので、常温での着火テストを行なって下さい。 ●イグナイタープラグの先端と圧電先の隙間を3mm程度に調整してください。 ●ガスが多く出て勢いがある場合は着火しにくい場合がありますので、ガス量を少なく出して着火してください。 以上にて改善されない場合は、メーカーでの修理承りとなります。
ガス器具のパーツは、ガス検法の兼ね合い上ユーザー側でのメンテナンスを推奨致しておりませんので、それに伴ない販売致しておりません。
未使用、キャップをした状態ではLPガス自体の成分は変化しません。 問題は容器ですが、保管状態・場所により錆が出て漏れの原因になる場合があります。 またキャップをせずに保管すると、バルブ内のゴムが紫外線などの影響により変質する場合がありますので、 必ずキャップをして、高温多湿を避け40℃以下の冷暗所に保管してください。
To Top