Taniyama モビリック 360 コンパクトランディングシャフト シャフト(3~4.99m)
完売しました

モビリック 360 コンパクトランディングシャフト

商品説明

  • フットワークの妨げにならない軽量コンパクトなネット、ギャフ兼用シャフトです。磯玉網類は、あらゆるメーカー、あらゆるアイテムにおきましても、水平方向への負荷への耐久性は保障しておりません。磯玉網は下方向、もしくは下斜め方向へ使用するもので、水平方向への負荷が掛かると簡単に破損いたします。本品も例外ではなく、水平方向への耐久性は非常に低く、何もすくっていない状態でも、水平方向へ無理に保持しますとシャフトは大幅に湾曲します。

商品詳細

  • 全長:3m60cm
  • 継ぎ数:7本
  • 軽量:297g
  • 仕舞い寸法:620mm
  • 太さ:(先径)直径13.5mm:(元径)28.8mm
  • ショルダーベルト付
  • カーボン含有量:94%
  • 使用樹脂:エポキシ樹脂
  • ヘラ玉網枠以外のほとんどの玉網枠に適合。
  • 「第一精工 オートキングギャフソリッド先端部S」にも適合致します。

バイヤーオススメコメント

【コンパクトサイズ&コンパクト価格!】なんとこの62センチサイズで3600mm、3800mm、4200mm、の長さを誇り、しかも軽量&コンパクト!ギャフやネットを背中に装備したままで、波止やテトラに腰掛ける事ができるようになりました。特にネットやギャフを背負ったままで、地磯やテトラの上を歩き回っていると飛び降りた時などに、つんのめったり引っかかったりして命に関わります!でも大物が掛かった時に限ってネットは遥か彼方に置きっぱなし・・・(涙)そんな問題を一気に解決する秀逸アイテムです!2輪での釣行にも最適!

ナチュラム商品番号

511398

ジャンル

関連商品

お客様レビュー
0.0レビュー件数:8件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2010.02.02
pa...様

360をシーバス用に購入し数年使用しましたが、まだまだ現役で活躍しております。デザイン的にもシンプルでルアーマン向きで私も好きなのですが、夜間に使う機会が多いので白やシルバーなどもいいかなぁ


  • 上級者
2009.11.03
nirat...様

ランガン用に短めで軽い物がほしくて購入。 420、480と迷ったのですが、軽いのでこちらに。 360は場所によってはぎりぎりですが、特に今のところ不便は無し。 腰にぶら下げていても重さを感じないのがポイント。想像以上の軽さです。 おすすめの一本です。


  • ご購入者様
  • 上級者
2009.10.22
natum...様

480も所有。 360は480に比べるとかなり細くて軽く感じます。 こちらを購入して移動が非常に楽になりました。 無駄に長いのも不便ですし、タモもポイントで使い分けるといいですね。


  • 上級者
2009.06.16
higasimatusim...様

短めで軽いタモの柄がほしくて購入。 以前は、エイテックのリーバス?、510ってのを 使用していました。 比べると、圧倒的に軽い!!(短いせいもあるかな) 作りは、エイテックの方に軍配があります。 なんか、安っぽい。 振りだし感もエイテックの方が良いです。 そして、ハズレに当たったのか、はじめから、砂が 入っているかのごとく、ざらざら音がする。傷もあったし。 ただ、もともと雑に使用するつもりで買ったので、 まーいーかなと使っています。 本当に軽いので、フローティングベストの横のベルトに かけても、気にならずに釣行できます。


  • ご購入者様
  • 上級者
2009.04.03
j3...様

この価格で、この張りには驚かされます。一本、一本の節がしっかりしているのでしょうね。固着することは、まずありません。ぜひ使ってもらいたい 商品です。

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=511398
よくある質問
伸縮機能を持った磯玉網の柄の破損は誤使用にご注意を。 ●畳む時にキャップ部分(尻栓・竿尻)を空中に浮かした状態で無理に押し込むとキャップが壊れた。 玉網の柄を収納する際は、必ずキャップ部分を地面において軽く「トントン」と収納するか、収縮部分が硬く固着している場合は、固着部分をそれぞれ逆方向にねじるようにしてみてください。キャップ部分に強い力が加わると、簡単に破損します。 ●魚をすくった時に折れた。 玉網で魚をすくった後は、玉網の柄をワキに挟むような姿勢で、キャップ部分を天方向に向け、収縮させながら魚を手元に寄せて下さい。たとえ小さな魚でも、水中から空中に出るとかなりの重量負荷が玉網の柄にかかります。 良くある破損は、魚をすくった後に力任せに水平方向へ魚を持ち上げようとした場合。 魚を入れていない状態でも、玉網の柄は釣竿の様に大きくたわみます。ましてや魚を入れた状態で水平方向を持ち上げると簡単に破損します。玉網の柄の誤使用による破損は、全メーカー共に保障対象外となっております。使用回数の多少に関わらず交換、返品は承りかねます。
To Top