Hilander(ハイランダー) エアートンネル MIINY ポリコットン HCA0282 ツールームテント
完売しました

エアートンネル MIINY ポリコットン

商品説明

  • ポリコットン素材になったことで遮光性能がアップし、夏はより涼しく、冬は温かい空気を逃がさないため、より暖かく使える様になりました。

商品詳細

  • 本体サイズ/フライシート:約495×310×195cm
  • インナーテント:約280×230×175cm
  • 収納サイズ:約66×44×34cm
  • 本体生地:ポリエステル65%、コットン35%
  • インナー生地:190PA
  • 重量:約21kg
  • 付属品:ペグ(26本)、ポンプ(1個)、ロープ(10本)、収納袋
  • キャノピー張り出し用のポールは付属しておりません。
  • ランタン取り付けフック付き
  • 前面、側面全てメッシュ可能
  • フライ部分はシングルファスナーとなります。

メーカー品番

HCA0282

ナチュラム商品番号

7000125

ジャンル

関連商品

お客様レビュー
3.7レビュー件数:7件
初心者(1) 経験者(6)
14.2857142857143%
1
42.8571428571429%
3
42.8571428571429%
3
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます
4点

  • ご購入者様
  • 初心者
2021.08.27
fo...様
エアートンネル MIINY ポリコットン をご購入

使用したのは北海道の1月。晴天のもと気温は日中マイナス7℃、最低気温マイナス17.5℃くらいだった。今から思えばエアチューブでよく平気だったと思う。無知とは恐ろしい。しかし、実際何の問題も無かった。電源サイトを借りて、ホットカーペットとアルパカストーブで2泊3日過ごした。暑いくらいだった。 なお、設置と撤収時に凍結した地面で付属のペグは半分折れ曲がり使えなくなった。チタンペグとハンマーの重いのを買うことになった。テント自体は雨でも問題なかっし、風にも強い。インナーの専用ラグとグランドシートを買い足した。あったほうが良いと思う。冬に4回は使ったが快適と言える。 デメリットはやはりポリコットンゆえの重さと大きさです。集合住宅の私にはかなりキツい。

5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2021.07.07
te...様
エアートンネル MIINY(ポリコットン) をご購入

ポリコットンでツールームテントでエアーフレームは申し分なし! 形もかわいい うちは私と妻と小学三年生の娘申し分なし! ただもう少しだけリビング広いと嬉しい

4点

  • ご購入者様
  • 上級者
2021.05.06
n5...様
エアートンネル MIINY(ミーニィ) TC をご購入

ポリコットンのテントは初めてで重さは覚悟してましたがやっぱり重たかったです 設営は空気をいれるのも簡単だし想像以上に頑丈でした 普段は二人でキャンプに行ってますが広さも十分あって満足しています

4点

  • ご購入者様
  • 上級者
2021.04.23
tt...様
エアートンネル MIINY ポリコットン をご購入

tc素材なのでかなり重いのは覚悟していましたが、やっぱり重かったです! でも、設営は慣れてしまえばとても簡単で一人で設営できます。 tc素材、かっこいいです。

3点

  • ご購入者様
  • 上級者
2020.11.05
ug...様
エアートンネル MIINY ポリコットン をご購入

エアフレームの信頼性を疑っていましたが、いざ設営してみるとほんとにしっかりしています。なれたら短時間で楽に設営できますが、最初のペグダウン箇所をもっと丁寧にひょうきしたほうが良い。手順良くきちんとたたんで収納袋に入れておくと次回の設営がとても楽になるのに、そういった説明が何もないのは残念。素人受けする設営の簡単さなのに、ポリコットンの手入れの仕方などの情報が添付されていないのもマイナスポイント。商品はよいが親切な取説がない。

ミーニィにポリコットンバージョンが登場
Hilander(ハイランダー)の人気テント、エアートンネル ROOMY(ルーミィ)の兄弟モデルとなる「エアートンネル ミーニィ」にポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡)素材バージョンが登場。
2~4人で使いやすいエアートンネルテントにポリコットン素材を採用することで、結露しにくく寒い季節に活躍するモデルにアップデート。
ルーミィと比べてリビングルームが短いモデル
ルーミィと比べてミーニィは、リビングルームが約150cm短いサイズに。また、短くなったことで、エアーフレームに空気を入れる本数が1本減り、テントの重量も軽量化。
※写真は同サイズの「エアトンネル ミーニィ」
たったひとりで約15分で設営完了
エアートンネルテントのたてやすさと撤収のしやすさを動画にてご確認ください。
キャンプの大変さは始めと終わり
キャンプでもっとも大変な時間は始めの設営と終わりの撤収ではないでしょうか?一般的なファミリーテントと比べると、ミーニィは設営と撤収合わせて合計45分も短縮。

だから、家族と過ごす時間が増える!
だから、設営してすぐに遊べる!
だから、帰宅時の運転もつらくない!
エアーフレームは心配ですか?
0.3mmの透明チューブの外側に、さらに極厚生地を被せて保護しています。通常の使用方法であれば、穴が空いてしまう心配はほとんどありません。また、風速25m/sの環境に耐える試験を実際に行い、本体、チューブ共に問題が無かったことを検証済みです。
クローズ、メッシュ、オープンと表情も柔軟に
それぞれのサイドパネルを完全に閉じた「クローズ」状態、生地部分だけを巻き上げた「メッシュ」状態、生地とメッシュの両方を巻き上げた「オープン」状態の3パターンを楽しめます。人数や天気、時間帯、周囲の区画サイトの状態などに合わせて柔軟に表情を変えられるため、いつでも快適な空間づくりができます。
細部の機能も充実
前面のキャノピーは張り出すことができ、テント内への出入りをしやすくしたり、日陰を作りリビングスペースを拡張してくれます。インナーテントは背面にも入口がついているので、出入りがしやすいだけでなく、暑い季節の空気の入れ替えも簡単。
インナーテントの入口横にはケーブルを通すための穴を設けており、AC電源のある区画サイトでも使いやすくなっています。同様にインナーテント入口脇にはメッシュポケットを設置。スマートフォンや小物などをサッと収納するのにとても便利です。
この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=7000125
よくある質問
ペグ、張り綱等を使用することによりある程度は対応可能ですが、基本的に風が吹いている場合は設置場所や設置の向きを工夫する必要があります。 また強風の際は設置を見合わせた方がよい場合もあります。 強風による破損、事故に関しては補償等ございませんので御注意下さい。
テント(タープ)付属のペグは簡易的な物となります。 使用環境・状況によっては使用が困難な場合があり、消耗品のため磨耗や破損も起こりえますので、予めスペアのご購入を推奨致します。 使用環境・状況に合わせて強度・性能に特化した高性能な商品も多数ございますのでご検討下さい。
テント・タープ付属のハンマーに関しましては、交換・返品対象外となっており、修理に関しても行なっておりません。 付属のハンマー簡易的な物ですので、十分にペグ打ちできない場合もございます。 使用環境・状況に合わせた性能・強度の高いハンマーを別途ご購入検討頂きます様お願い致します。
大型のキャンプ用品は、ほとんどが屋外で撮影されており、その時の天候や光の当たり具合で発色が異なります。 実物のカラーをモニター上で忠実に表現することは難しいところでございますので、その点をご了承の上でご検討下さい。
商品使用におけるショックコードの破損に関しましては、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 市販のショックコードをお買い求めの上、ユーザーにて修理を行なって下さい。 ショックコード収納の際に、端から順に折り曲げられますと、徐々にコードの伸びにゆとりがなくなり、ジョイント部での断線や、ポール内部の止め金具の抜けが発生致します。 継ぎ数の多いポールの場合は、中央辺りから半分ずつになるように折り曲げて、出来るだけショックコードにテンションがかからないように収納を行なって下さい。
商品使用におけるポールの破損に関しての保証は、特にメーカー保証書に記載が無い限り、ご購入よりの経過日数・使用回数に関わらず一切の保証はございません。 風のある時の使用には、十分お気をつけ下さい。 ジョイント部の破損は、差込み不十分によるものがほとんどです。 しっかり差し込まれているのを確認して設営を行なって下さい。
『結露』とは暖かい空気が冷たい空気(物)と接して、暖かい空気側の幕に水滴が付着することをいいます。 これは、暖かい空気中に含まれている水分が急激に冷やされて露となって付着したもので 暖かい空気の湿度が高く、温度差が激しいほど、結露はひどくなります。 テントの場合ではフライシート・内幕・グランドシートの内側に、タープの場合は内側に結露が生じます。 ▼対策 ・換気を十分に行う。温度差をなくす。 ・通気性を高める。 上記を行うことによって結露を軽減することができます。 ベンチレーターなど機能をご利用ください。 ▼注意:1 結露によりテント(タープ)の内側に付着していた水滴が、 急な雨などにより、 フライシート(タープ) 外側からたたかれて落ちてくる場合があります。 ▼注意:2 防水加工をしていない生地や、透湿性防水素材(ゴアテックスなど)は結露を軽減させることが可能ですが、 完全に防止することはできません。
To Top