Buccaneer(バッカニア) C.Fleuret BCFS76M-2 BCFS76M-2 黒鯛(チヌ)ロッド
完売しました

C.Fleuret BCFS76M-2

商品説明

  • チヌ(黒鯛)専用ロッドとして開発。
  • チヌは甲殻類をメインのベイトとしていることから、強靭な歯を持っています。その口元をガッチリとフッキングさせるためのバット部と、じゃれ付くようなチヌ特有のバイトを極力弾かずに掛けるしなやかな視認性に優れたホワイトカラーのチューブラーティップ。この相反するテーパーをベリー部のパワーをバット部より若干マイルドにすることで、Buccaneerはチヌ専用ロッドとして提案します。
  • 7’6”モデルは7’3”モデルより3インチ長くすることで、河口部の牡蠣殻が点在するようなエリアで、このリーチが利いてきます。またベイトフィッシュを意識したクロダイに対するトップウォーターゲームにも、このレングスがロングキャストを可能にし、遠くの場所での掛け合わせを有効にします。もちろん、「居食い」や「追い」が少ないバイトや、高活性のキビレに対する瞬間的なフッキングも可能です。
  • 基本的には7’3”と7’6”は同じテーパーデザインですから、よりフィールドに合った1本をチョイスしてください。

商品詳細

  • 長さ:7フィート6インチ(2.28m)
  • 標準自重:138g
  • 適合ライン:PE 0.6-1.0
  • 適合ルアーウェイト:3.5-10g
  • 継数:2ピース
  • ジョイント:ノンペイント・スリップオーバーフェルール(逆並継)
  • 仕舞寸法:118.5cm
  • ティップ素材:チューブラー(ホワイトカラー)
  • カーボン含有量:98%
  • グリップ素材:EVA
  • グリップ:セパレートグリップ
  • アクション:ミディアムアクション
  • ガイド:富士工業社製アルコナイトガイド、SiCトップガイド仕様(MNタイプ)

バイヤーオススメコメント

【ストラクチャーを攻略しガッチリフッキング!】

チヌ(クロダイ)の好むストラクチャーとして
ゴロタ石などの多い場所で釣りをする事が多く
釣果を上げるには、いかに根掛りを回避し
固いクロダイの口にフッキングするか?がキーワードになります。

このC.Fleuretはルアーをコントロールし
固い口にガッチリ掛けるポテンシャルと掛けた魚に主導権を与えない
トルクフルなロッドに仕上がっております!

メーカー品番

BCFS76M-2

ナチュラム商品番号

766997

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:21件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • ご購入者様
  • 上級者
2015.08.15
bikky1...様

非常にコスパが高い良いロッドだと思います。根魚を中心にかなりの数を上げてきましたが、先日45センチの真鯛を釣り上げたあと(玉網使用)根掛かりを回避しようとロッドをあおったらあっさり継ぎ目が折れてしまいました。 安くて良いロッドだったので非常に残念です。


  • ご購入者様
  • 上級者
2013.08.07
hirohiro...様

47cmのアイナメをぶっこ抜けました。 アタリの感度も良く、コスパに満足です。


  • 上級者
2013.07.26
hirohiro...様

ロックフィッシュに使用してます。この価格でこのクオリティなら細かい事は目をつぶってもいいんじゃないのかな。満足しています。


  • ご購入者様
  • 上級者
2013.05.31
target371...様

小物を釣る時の感度は最高ですが、70cmOVERを掛けた時のバットパワーも申し分なく、最高のロッドです。


  • ご購入者様
  • 上級者
2013.04.20
makot...様

さっそく届きました。 来週にでもチンニングでも利用します。

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=766997
よくある質問
弊社では保証書への販売店印の記入は行なっておりません。 ご購入商品お届時に添付のナチュラムワランティ明細書が店印・販売証明の代わりとなりますので、製品保証書と合わせてナチュラムワランティ明細書を保管して下さい。 尚、ナチュラムワランティ明細書の再発行は承り致しかねます。紛失されないよう、ご注意下さい。 また、製品によっては保証書の無い商品もございます。予めご了承下さい。
申し訳ございません。ロッドに関しましてはパーツでの販売は行っておりません。 全てお預かりの上修理での対応となります。
To Top