HONDEX(ホンデックス) PS-501CN 魚群探知機
完売しました

商品説明

  • 対応オプション:
  • 振動子:TD04C(3P)、TD05(3P)、TD06(3P)、TD45(3P)
  • バッテリーセット:BS07
  • 水温センサー(スルーハルタイプ):TC02CS+TCK01
  • 水温センサー(トランザムタイプ):TC01C、TC01G、TC03-05、TC03-10
  • 取付架台セット:TKS01
  • 遮光フード:SF09
  • 万能パイプ取付金具+先金具:BP05、BP10
  • 水中カメラ:FS2000DT

商品詳細

  • セット内容:本体、振動子 TD04A(3P)、トランザム金具
  • タイプ:4.3型ワイドカラー液晶
  • 表示画面:縦型
  • 表示部ドット数:272×480
  • 電源電圧:DC11~14V
  • 消費電力/電流:約2.4W0.2A/12V
  • 本体寸法(mm):W173×D191×H173
  • 本体質量:約0.7kg
  • 防水性能:IPX6
  • 周波数:200kHz
  • 出力:100W
  • 水深表示範囲(水深表示範囲は、測深能力を意味しておりません。):最大:0~300m最小:0~3m
  • 背景色:3色
  • 色配列:4種類
  • オート深度:OFF/ON
  • オート感度:OFF/低/中/高
  • 拡大:OFF/自動/手動/海底固定
  • 拡大率:2倍/4倍/8倍
  • 縮尺サイズ:0.005~150NM(km)
  • プロット間隔(時間):1、5、10、20、30秒、1分
  • 記憶点数:航跡:5000点マーク:1000点
  • アンテナ:内蔵(取付場所によっては受信できない場合があります。)

バイヤーオススメコメント

あの大人気だった「HE-51C」の後継機種!!

ポータブル魚探の進化系!ちょいナビデビュー!

★ミニボートに最適な、業界最小のGPS内蔵ポータブル魚探★


●4.3型ワイドの高精細&高輝度液晶

 表示部は、小型ながら縦480ドットの高精細4.3型ワイド高輝度液晶(850カンデラ)を採用。
 光の強い晴れた屋外でもバツグンの視認性を発揮します。
 明るく鮮やかな映像で、細かな反応も見逃しません。

 ※水深デカ文字表示もできて、さらに見やすい! 

●かんたん操作

 見やすくて使いやすい操作部とわかりやすいシンプルなメニュー画面で、初心者の方でも迷わず
 かんたんに操作できます。

 ■ワンタッチでGPS画面/魚探画面を切り替え
 を押す毎に、GPS画面と魚探画面が切り替わります。

 ■大きな文字表記
 大きく見やすい文字表記でスムーズに操作できます。

 ■魚探オート機能搭載
 オートレンジ(深度)・オートゲイン(感度)を使用すれば、全自動で動作しますので、
 特に操作をする必要がなく、魚探初心者の方でもすぐに使用できます。

●充実のGPS機能&魚探機能

 潮汐表示
 マーク・航跡を残す
 全国簡易海岸線データ
 出航地を登録する/出航地へ戻る
 目的地セット
 航法画面表示
 超音波高速発射
 拡大画面表示
 水温グラフ
 フィッシュマーク表示
 底質判別機能

乾電池駆動(単三乾電池×8本で最大約10時間連続使用可能)
雨やしぶきからガード!防滴構造

ナチュラム商品番号

856029

ジャンル

お客様レビュー
4.5レビュー件数:60件
初心者(0) 経験者(6)
66.6666666666667%
4
16.6666666666667%
1
16.6666666666667%
1
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます
5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2016.07.18
qunihir...様

主に岩洞湖のワカサギ釣りで使用しています。 搭載されているGPS機能は広大なフィールドで、前回釣れたポイントを探すのに大変重宝するため助かります。 精度の誤差は大体1m~3m位ではないか、と個人的には思います。 お勧めです。

5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2016.06.10
rs580t...様

釣り仲間から聞いて購入しました。 非常に重宝しております。

3点

  • ご購入者様
  • 上級者
2016.01.29
morinob...様

コスパは素晴らしい!そろそろモデルチェンジか?

4点

  • ご購入者様
  • 上級者
2015.12.25
mikek...様

GPSの精度はイマイチですが、魚探の性能は良いです。ボート釣りには欠かせません。

5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2015.11.14
taka7...様

レンタル手漕ぎボートに取り付けて使っています。 いつものポイントであっても、今まで知らなかった底の変化が確認できるので、 魚探の効果は大きいと思います。 ボートへの取り付けは、多くの方が公開している方法を参考に、 塩ビパイプ、100均のステンレス金具、樹脂クランプなどで、 振動子取り付けステーを自作すれば、2千円もかかりません。 バッテリーに関しては、ノーマルのエネループを使用し、 7時間ほど連続使用できたので、私の場合は外部電源は不要です。 (最近は、より大容量の充電池があるので、それを使うのも良いかも・・?) 操作方法は非常に簡単で、 出荷時の設定のままでも特に困りません。 強いて言うなら、液晶画面をより見やすくする為に、 遮光フード(純正、または自作)の使用をオススメします。

To Top