ダイワ(Daiwa) セルテート2004CH ハイギアカスタム 00056080 2000~2500番
完売しました

セルテート2004CH ハイギアカスタム

商品説明

  • 新たに1000番ボディに2004のスプールを搭載。セルテ-トの強度だからこそできる小型化リール。
  • さらに進化した軽く滑らかな回転性能と驚異の耐久性。シルキーな回転とパワフルな巻き上げで新時代を切り拓いたセルテートがさらに進化。最適リム構造により独特のフォルムと軽量化を実現したエアローターとさらに歯面精度が向上したマシンカットデジギヤII、より精度が向上したスーパーメタルボディの相乗効果で、一段と軽く滑らかな回転を実現。画期的防水構造(JIS規格4級)のマグシールドの搭載により、その軽く滑らかな回転はそのままに、驚異の耐久性を実現した。

商品詳細

  • 巻取り長さ(ハンドル1回転当り):75cm
  • 標準巻糸量(ナイロン):3lb-140m、4lb-100m
  • 標準巻糸量(PE):0.4号-120m、0.6号-100m
  • 自重:200g
  • 最大ドラグ力:2kg
  • ギヤー比:5.6
  • ベアリングボール/ローラー:12/1
  • BBをトータル3つ追加。
  • ハンドルアームを5mmロング化し回転の滑らかさ、巻きやすさを追求。
  • ※巻糸量のlb-m表示はTDライン(ナイロンライン)、PE号-m表示はエギセンサー/棚センサーブライトを使用。

メーカー品番

00056080

ナチュラム商品番号

954496

ジャンル

お客様レビュー
0.0レビュー件数:5件
初心者(0) 経験者(0)
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます

  • 上級者
2012.10.28
garl...様

メッキのルアー釣り用と、その他ライトゲーム用として使用しております。 回転の滑らかさはイグジストに遠く及びませんが、極端な聞きの釣り(たとえば1gのジグヘッドを使ったメバル釣りなど)でなければ実釣上差が出ない程度です。 それよりもこのリールの良さは感覚的な頑丈さかと思います。 イグジストもかなりしっかりした作りですが、アルミボディーならではのソリッド感と言うか、丁度いい重量感は使っていて安心に思えます。 各部分の作りや仕上げなども丁寧で、主力級のリールとして十分な製品です。 なお2004CHと言う番手のお陰でノーマルの2004より20gも軽く、’12ルビアスの190gに準ずる軽さを持っています。 ハンドルはベースとなった1003よりも50mm長く設定してハイギアの巻き重りを軽減するようになっていますが、このハンドルは2004用と同じ長さであること、スプールサイズ自体は2004であることから、使っていて違和感は全くありません。 手返し良く頻繁に打ち返す釣りには、特に最適なリールだと思います。


  • ご購入者様
  • 上級者
2012.04.25
life6...様

滑らかで最高によいリールです


  • ご購入者様
  • 上級者
2012.02.14
kensak...様

メバリング用に購入しました。 1000番ボディに2004スプールが気に入りました。 今の所ライントラブルもなく快適に使用出来ています。 ハイギアなのでスローに回転さす事で釣りに集中しやすいと思います。


  • 上級者
2011.12.07
juki0...様

巻く時のゴリゴリ感もなく非常に滑らかです。 また見た目も非常にカッコいいので大変気に入ってます。


  • 上級者
2011.06.11
a2535...様

私はダイワ・シマノの括りはないので、10セルテート2004CHと11ツインパワーC2000HGSのどちらを購入しようか悩みました。同じ悩みの方は多いと思います。(用途は渓流トラウトです) カタログスペック上はほぼ同等。デザインはセルテートが好みだが、実勢価格でツインパより1万円高い。はたして1万円の差はどこに?これは実際に比較しなければわからないと思い、店頭に向かいました。 店頭での巻き心地はどちらも滑らか。ハイギアの特性である巻き重りはあまり感じられません。どちらも軽いです。メーカー特性の違いはありますが「カラ巻き」は互角です。極端に言うとダイワの「スコスコ」に対し、シマノの「ヌメヌメ」という感じでした(これはベールの戻り方にも共通します)。但し、以前ほど両メーカーの特性の違いを感じなくなった気がしました。 そこで購入することを決めたロッド(シルファーSYKSi-56L)にセットさせてもらい、比較をしてみました。 自分は手が小さいほうなので、スプール径の大きなセルテートのほうがフェザーリングがしやすくフィットすると思いました。これは大きなアドバンテージです(手の小さい方又は指が短い方はセルテートがお勧めです)。 また、ロッドにセットし持った時には何故かツインパのほうが軽く感じましたが、振りまわしてみるとセルテートのほうが「抜け?」がいいように感じました。重量配分の違いなんですかね?その辺はよくわかりません。両者とも重量は同じ200グラムのはずなんですが・・・ あとはドラグ性能と飛距離になりますが、店頭での比較は難しいので諦めるしかありません。どちらも価格相応に優れていることでしょう。 ということで最終的には思い切ってセルテートを購入しました。コストパフォーマンスはツインパのほうが勝っている気がしますが(実勢価格比較)、上記の2つの理由とデザインの好みが決定打となりました。 実釣はこれからですが、きっと期待を裏切ることはないでしょう。マグシールドの効果にも期待したいです。ハイエンド機種ではありませんが、所有欲を満たしてくれるリールです。カッコイイです。実釣が楽しみです。 ※但しセルテートはハンドルの折りたたみができません。取り外すしかありませんので収納にこだわる方はご注意を。

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=954496
よくある質問
基本的にはリールに保証書はついておらず仕様規格欄に保証書付属と記載されていない商品には付属されておりません。
申し訳ございません。ラインを巻きつけての出荷は行っておりません。
同一メーカー製品同士であれば確認を行なうことは出来ますが、他社製品同士または輸入品につきましては確認を行なうことが出来ません。 リールとロッドは取り付け部形状の共通規格が無く、適合しない場合がございますので、予めご了承下さいませ。
To Top