YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス) Ballistick(バリスティック) 96MMH TZ/NANO 8フィート以上
完売しました

Ballistick(バリスティック) 96MMH TZ/NANO

商品説明

  • Ballistick 96MMH TZ/NANO バリスティック96MMH TZ ナノ
  • 14cm前後の大型ミノーを中心にメタルジグ・シンキングペンシル・ヘビーバイブレーションなどの重たいルアーをロングキャストするゲームに適した一本です。メインフィールドはサーフや小磯周りなどの大場所で、逆風の中でもしっかりとヘビールアーを振りぬけるシャープなキャストフィールで確実な飛距離を約束します。このクラスのロッドとしては取り回しも軽く、一日中のキャストにも疲れが溜まらずに集中力を維持できます。

商品詳細

  • Length:2910mm
  • Weight:151g
  • Section:2pcs
  • Lure:8~38g
  • Line:Pe1~2
  • Carbon:99.8%
  • 仕舞寸法 : 1485mm
  • ジョイント : 印籠継
  • ガイド:TZチタンフレームKガイド+トップガイドのみフランジリング(Fuji)仕様
  • リールシート:VSS17(Fuji)
  • 適合スピニングリール目安 : D社製 3000番/ S社製 3000~4000番(推奨リールウェイト:270~300g程度)
  • Target:シーバス・フラットフィッシュ
  • Lure:プラグ全般・バイブレーション・メタルジグ
  • Field:サーフ・小磯・河川河口域

ナチュラム商品番号

9924980

ジャンル

お客様レビュー
5.0レビュー件数:3件
初心者(0) 経験者(3)
100%
3
0%
0
0%
0
0%
0
0%
0
レビューを投稿する
レビューはナチュラム会員様のみ行えます
5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2020.12.18
kanchan1...様

探して、探して、やっと手に入れました。ウェーディングで6時間しか使ってないですが、そのインプレ。使用ルアーは10~43g。 しなやかなMクラスのティップとかなり強靭なMHパワーのバット。当方17モアザンエキスパートと使用しているが、いわゆるモアザン調子と似ている。だがモアザンエキスパートほどピーキーではない。かなり広範囲のウエイトのルアーを使える。そしてかなりシャープで張りのあるブランクス。素晴らしい。 ウェーディングでは取り回しやすい短いグリップ。19セルテート3000XH(225g?)組み合わせた。短いグリップの為、持ち重りを心配したがVSS17とぜんのロッドバランスが良く、持ち重り感はなし。メーカー推奨は270~300グラムのリールとなっているが、230g程度あれば、全然大丈夫。 そして感度が素晴らしい。モアザンエキスパートに近い感度。コレはトルザイトリングとあえて高足でないKチタンガイドの採用、そしてしっかりしたガイドラッピングが要員だと思う。飛距離だけなら高足タイプが良いが、それは感度を犠牲にする。あまり知られてない事ですが。ノーマルKチタンフレームを選択する辺りに、優れたテスターのこだわりを感じる。 カタログデータ上、最近のロッドとしてはMMHで151gは決して軽い部類ではない。だけど、取り回しを考えて、あえて短いグリップ、それによる持ち重り感をコアなVSS17で解消、そしてほんの少し飛距離を犠牲にして感度の出るノーマルKチタンフレーム、そしてトルザイトリングの採用。全てに採用理由があるのがわかる、テスターがトライ&エラーを繰り返してできたロッドだと感じさせるロッド。 使ってみて初めてわかる良い点が満載のロッドです。 決して初心者向けではないし、都市型河川河口や港湾部の波止場でしかシーバスを狙わない人向けではないロッドです。 だけどウェーディングで飛距離が出て、シャープで強いランカーに力負けしないロッドを探している、違いのわかる中上級者にオススメのロッドです。

5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2019.10.22
omoti0...様

スペックだけ見ると固いロッドに思えますが、表記範囲内のルアーなら全く問題なく扱う事ができます。ランカーサイズとのやりとりも余裕があります。

5点

  • ご購入者様
  • 上級者
2017.11.12
swagge...様

シーバス、青物、ロックフィッシュに使っています。 パワーがあるのにしなやかで7gジグヘッドから40gのメタルジグまで使っています。

「この商品使ってます!」ナチュログのブログ記事一覧

supported by ナチュログ

この商品のトラックバックURL
https://www.naturum.co.jp/item/tb.asp?itemgroup=9924980
よくある質問
まず、ロッドは同じ製品でも表面の塗装の量やガイドやグリップ部を接着している樹脂の量で重さが数グラム単位で変動することをご理解下さい。これは市販されているロッドの塗装工程や組み立て工程のほとんどがクラフトマンによる手作業で行なわれているためで、全ての製品を同じ重さにすることが不可能だからです。 そのため、メーカーの公表しているロッドの重量は標準自重(生産されたロッドの平均重量)または設計自重(プロトタイプ完成時の重量)となっております。 当店ではメーカー公表値のあるものに関しては仕様規格欄に記載しておりますが、メーカー公表されていないロッド(特に低価格商品)に関してはお答えいたしかねる場合がございますが、予めご了承願います。 しかしながら、重くて釣りにならないロッドは当店では 取り扱い致しておりませんのでご安心くださいませ。
同一メーカー製品同士であれば確認を行なうことは出来ますが、他社製品同士または輸入品につきましては確認を行なうことが出来ません。 リールとロッドは取り付け部形状の共通規格が無く、適合しない場合がございますので、予めご了承下さいませ。
弊社では保証書への販売店印の記入は行なっておりません。 ご購入商品お届時に添付のナチュラムワランティ明細書が店印・販売証明の代わりとなりますので、製品保証書と合わせてナチュラムワランティ明細書を保管して下さい。 尚、ナチュラムワランティ明細書の再発行は承り致しかねます。紛失されないよう、ご注意下さい。 また、製品によっては保証書の無い商品もございます。予めご了承下さい。
申し訳ございません。ロッドに関しましてはパーツでの販売は行っておりません。 全てお預かりの上修理での対応となります。
To Top